体のケアと健康・防災を考えるブログ

健康や防災に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


T字カミソリ「シック・エクストリーム3」の使用感と手入れ法

スポンサーリンク


髭を剃らないと無精ひげがえらいことになって外に出れないので、「面倒くさいなあ」と思いながら、毎朝鏡に向かってます。

女性だと口周りの髭は気にしなで良いのでしょうが、その代わ、足や腋など、男なら気にも留めないような場所のヘアケアをしないといけないので、それはそれで大変かと思いますが。

もっとも最近はグルーミングをこまめにこなす男子も増えたというから、時代は変わって来てる感はあります。

さて今回は髭濃い親父の自分が毎日使っているT字カミソリの紹介をしたいと思います。

 

シック・エクストリーム3の使用感

 

使い捨てT字カミソリで最も使い続けているメーカーです。

 


もともとは替刃ありの正規のタイプを使っていたのですが、替刃の値段の高さが気になって、コンビニで売ってるような簡易式のものを買うようになりました。
今まで色々なものを試してきたが、このシックが一番しっくりきてますね。(シャレの予感(笑))

 

 

ヘッドが曲がる3枚刃なので、深剃りが可能。

 

 

 

 

ハンド部分です。

 

 

 

シェービングフォームもおまけでついてます。

 

 

では使い心地を良い点と悪い点の二つに分けてまとめてみましょう。

 

<良い点>

・使い捨てにも関わらず、けっこう深剃りができる
・ブレイド部分が小回りが効くので、細かいところも剃れる
・一本入りでも売っている(コンビニ)
・一本入りの場合はおまけにシェービングフォームがついてるからお得感がある

 

<悪い点>
・肌が弱めの自分には少しキツい。
・深剃りができるためか、カミソリ負けしやすくなる

 

ここ何年かこのシックのシリーズを使ってきましたが、それほど気になるところは出てきませんでした。
しかし最近、肌が弱くなったのか、もしくは朝が忙しくて慌てて髭を剃るのがいけないのか、カミソリ負けが増えてきたように思います。
そんな時は大抵シェービングクリームやフォ―ムをつけずに、水で濡らしただけで剃ってるので、まあ当たり前と言えば当たり前なんですが・・・
だが、しっかりケアをしたうえで剃ると、やはりそれなりに深剃りもできるので満足度は高いと思います。
願わくばこのシリーズの5枚刃タイプが出て来てくれれば最高ですね。

 

手入れ方法

 

T字カミソリの手入れについてです。

自分で気づいたものや、人から聞いたり、本やネットで参考にしたりしたのをまとめてみました。

・髭剃り時には、髭と一緒に皮膚や皮脂も取り除いてるので、まずはお湯か水でささっと汚れを取る
・刃部分に水分を残さないために、ティシュやタオルで刃をしっかり拭う(サビや酸化を防ぐため)
・専用のオイルで時々刃を拭う。(オリーブオイルでもよい)

・乾燥した場所で保存しておく

 

最後の乾燥した場所での保存ですが、ネットであがっていたアドバイスで「乾燥材を詰めた小箱に入れるのが良い」と記してあったのを読んで、「これは使える!」と思い、最近はそちらのアドバイスに従うようにしてますね。(100円ショップで売っているミニコンテナを使用)

T字カミソリの刃の寿命を飛躍的に延ばす方法
刀でも手入れが大切だと言われていますが、T字カミソリも同じ刃なので、やることは同じなんだと思います。
手入れは案外忘れがちなので、安くても長持ちするように使っていけば、コスパ最強のカミソリができあがるので、普段のケアはおすすめします。

 

おススメ記事

コスパ最強!ブラウンのモバイルシェーバーがすごく使いやすい!(M-90)

泉精器(IZUMI)の深剃りシリーズ「IZF-V36-K」の使い心地はなかなかのもの!

T字カミソリ「貝印 クロスフィット」の使用感レビューと手入れ方法

IZUMIのメンズシェーバーは手軽に使えて、持ち運び便利!(Cleancut IZF-140)