体のケアと健康・防災を考えるブログ

健康や防災に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


IZUMIのメンズシェーバーは手軽に使えて、持ち運び便利!(Cleancut IZF-140)

スポンサーリンク


安全カミソリと併用して使っているシェーバー。

時間のない時や簡単に済ませたいときは、これを重宝しています。

 

 

値段は安くて、店頭価格で1500円前後。

アマゾンでは1380円と少し安くなってます。

替刃(外刃、内刃)は別売りなので、別途注文する必要があります。

 

 

このシェーバーを購入した理由は簡単で、とにかく、

「安くてシンプルで使い勝手が良さそうだから」。

トリミング機能とか全然なくて、とにかく髭を剃るという一点に特化しているので、シンプルに使えますね。

 

 

電源のオンオフは、本体真ん中の大きなスイッチを上下にするだけ。

中央の赤いポチボタンは、スイッチのオンオフ誤作動を防ぐためのロック機能。

あまり使いませんが、これを押すとスイッチが固定されて、勝手に電源が入ったり切れたりしません。

 

 

振動音も比較的静か。

充電時間は一時間で、本体から直接コンセントにつないで充電できるので便利です。

100~240V自動電圧切替で海外でも使えるよう。(A-2プラグ地域)

 

 

 

剃り心地も悪くなく、スムーズに肌の表面を撫でてくれます。

ただ値段相応というか、剃り残しは多少ありますね。

私は髭が濃いほうなので、時間のある時は、できるだけゆっくり繰り返し剃るか、安全カミソリで仕上げをするようにしています。

髭の薄い方なら、問題なく剃れるんじゃないでしょうか。

 

大型刃を採用

 

内刃や剃った髭を掃除するときは、シェーバー本体の左横についているボタンを押して、カバーを外します。

 

 

 

 

 

ブラシでたんねんに刃の間にある髭を掃除します。

 

 

 

そのままでは内刃の下にブラシが届かないので、内刃を取り外します。

 

 

仕上げに専用オイルを垂らして刃をスムーズにすると、より使い易さが増すと思いますね。

手元に専用オイルがない場合は、ベビーオイルでもOK。

私はもっぱらベビーオイル派です。

刃の部分を放っておくと、油脂臭い匂いがシェービング時に鼻につく上に刃の寿命を縮めることになるので、刃部分は定期的にオイルで掃除しておいた方が良いでしょう。

 

 

充電式のシェーバーなので、ACアダプタや充電器を置いておく必要がないため、収納は便利です。

ハンディな大きさで持ち運びも楽。

充電も1時間程度で済ませて置けば、バッテリーを痛めることもなく長持ちします。

一年近く使ってますが、替刃を交換した以外は問題なく使えてますね。

充電機能が内蔵されてるから無理なんでしょうが、これで水洗いOKなら言うことないんですが・・・

シンプルで使い易い自動シェーバーを求めている方には、もってこいだと思います。

 「携帯性を追求したセカンドシェーバー」という商品の宣伝文句のとおりに、外出先で使うためのサブ使用としても優秀でしょう。

「シンプル・イズ・ベスト」

シェーバーも人生も、かくありたいものですね。  

*他のサイトやレビューを見ると、内刃はブラシで掃除しないほうが良いという意見もありました。

私は普通に今までそのやり方で済ませてきたので、「えっ?いけなかったのか?」という感じで(汗)

スプレー噴射式のクリーナーだとブラシを入れることなく、内刃の汚れを取り除いてくれるようなので、これからはその方法で掃除していこうと思います。

 

おススメ記事

コスパ最強!ブラウンのモバイルシェーバーがすごく使いやすい!(M-90)

泉精器(IZUMI)の深剃りシリーズ「IZF-V36-K」の使い心地はなかなかのもの!

男の髭剃りと洗顔はこれで決まりだ!「ヒゲ剃りまで出来る俺の洗顔石鹸」