体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


香水の定番!アラン・ドロンの「サムライ」レビュー!

スポンサーリンク


日常的につけてる香水のひとつ。

香りものは結構好きで、今までいろいろ試してきたのですが、結局落ち着いたのは、カルバン・クラインの「エターニティ」と「サムライ」です。

とくに「サムライ」は、もともと友人が着けてたのを匂って「おっ、いいなあ」と気に入って、自分でも購入して何年か使っているという感じでしょうか。

つけはじめは爽やか系の香りなんですが、馴染むにつれて色気のある香りに変化していくような気がします。

今回はそんな「サムライ」をレビューしていこうと思います。

 

アラン・ドロンがプロデュースした「サムライ」

 

フランスの往年の俳優アラン・ドロンがプロデュースしたことで有名です。

同名の映画も有名ですね。

滴るような色気のある二枚目俳優さんで、若い頃の写真を見ると男の自分がみてもゾクゾクするようなセクシーさがあります。(80歳を超えた今では、さすがにだいぶ枯れてますが)

 

往年のアラン・ドロン

  

それではアラン・ドロン氏がプロデュースした「サムライ」の詳細を見ていきましょう。

 

www.sprjapan.com

 

親日家であるフランスの俳優、アラン・ドロンが日本の俳優三船敏郎をイメージして、日本の美しい精神を香りで表現して魅惑的な東洋を意識して誕生させたセミオリエンタルフレグランス。

香調
セミオリエンタル

トップノート[ジャスミン・ローズ・へスペリデック]
トップノートはジャスミン,ローズのさわやかで清潔感ある香りによって若々しさを引き立てています。

ハートノート[レッドペッパー・タラゴン・シダー]
ハートノートはレッドペッパーがほんのりスパイシーな新鮮さを与えながらも、シダーによって心地よい安定した香りを静かに持続させます。

ベースノート[サンダルウッド・ベチバー・バニラ・ムスク]
ベースノートはサンダルウッドによる東洋的で落ち着いた香りと共に、バニラの甘み、ムスクのセクシーさがセミオリエンタル系の残り香として、ほんのりやさしく、甘く漂っていきます。

ボトル
ボトルは、優雅さ、力強さ、新鮮さ、上品さを追求して創作されています。シンメトリーで幾何学的にバランスのとれたこのデザインは、エレガンスの心を形に表現したものです。躍動感を生み出し、サムライのイメージのダイナミックさを与えるために、直線と曲線を対比させた面で構成されています。

デザイナーであるトゥエリー・レクール(THIERRY LECOULE)氏は、シンプルかつ流動的な形を得意とします。アートとボトル メーキングという彼の2つの感性によって、彫刻のようなモダンなボトルが出来あがりました。荒い打ち出しで、アラン・ドロンの名前が刻まれた銀色のキャップは美しく輝きを放ちます。 

(amazonより)

ではいよいよ次のターンで「サムライ」登場です^^

 

「サムライ」レビュー

 

made by アランドロン。

 

 

東洋の神秘をラグジュアリーなボトルに詰め込んでみました、的な。

後で取り上げますが、ボトルの装飾はかなりいいです。

特にキャップに力がこもってます。

香りはずばり「甘い」!

セクシーというか、謎めいた香りが、なんともいえず「ふくよか」な気分にさせてくれます。

あまり柑橘系の香りが好きでないので、このサムライの甘い香りはいいですね。

 

 

使ってる途中なので、量が半分になってます。すいません^^;

つけるときは、手首と耳の後ろ辺りに少量をこすりつけて馴染ませます。

時間が経て経つほど肌の匂いとブレンドされて「俺の匂い!」に。

そう書くとなんだか男臭そうですが(苦笑)、もちろんそんなことはなくて、ジャスミン、ローズから白檀とバニラまで「クリーンかつセクシー」な幅広い香りを楽しめるんですよ。

ただ人によっては鼻につく香りかもしれないので、好みの問題もあると思いますね。

レビューでは6時間ほど持続するということですが、自分の中ではそれ以上で、ほぼ一日、香りが続く感じはあります。

服などにつけると、匂いがしみつくので注意が必要ですね。

 

 

青い香水の色とリッチなボトルの形状が気に入っていて、部屋に置いてるとオブジェのようになっていい感じです。

写真は100ミリリットルのタイプですが、サブ使用用に50ミリリットルのテスタータイプも同時に買いました。

 

 

すでに使い終わった後なので、中身は空になってますが・・・

色も香りももちろん同じです。

テスター仕様なので、キャップの部分は段ボールの固い素材でできてます。

去年購入したタイプなので、今のテスタータイプが同じ形状かどうかは分かりませんが・・・・

大きさの比較はこちら。

 

 

ボトルはガラス製でかなりしっかりできてます。

100mlタイプはけっこう重さがあるので、泊りとかでカバンに入れていくのは、意外にかさ張るし、重みも出てくるかもしれません。(自分は外出先用に50ミリリットルを使ってました)

使用に適したシーンとしては、これもレビューで指摘されていますが、ビジネスよりも、デートなどの遊びに向いてると思いますね。

甘い香りですし、ムスク独特のワイルドな感じがありますから。

もう少しで今使っている分が切れるので、新しいサムライを買おうかなと思ってますが、アマゾンで調べてみると、新しいタイプが出てるようで「おおっ!」と。

ショップで試してみましたが、ブラックライトのほうが自分には合いそうですね。

少しサワーな香りがいいです。

女性用のタイプも出ているようなので、サムライも幅広くなってますね。

いったいどんな甘さがあるんでしょうかね?

あと、もう一つの日常用フレグランス、カルバン・クラインの「エターニティ」は、10年前からずっと使用してます。

甘ったるくなくて、爽やかなんだけど、艶やかな香りがいいんですよ。

ユニセックスだから、男でも違和感なく使えます。

サムライと並んで馴染んだときの香りが好きですね。

男性は年を取るにつれて加齢臭というものに対処せざるを得なくなりますが、このサムライやエターニティはまさにそのカバーフレグランスという感じで、嫌な匂いを上手に隠してくれると思います。

自分は加齢臭はまだ大丈夫ですが、夏場だと脂分や汗で体臭を発することもあるため、この香水は大活躍してます。

これ以外に、まだまだ試したいフレグランスはありますので、チャンスがあればいろいろ攻めてみたいと思います。

 

おすすめ記事 

泉精器(IZUMI)の深剃りシリーズ「IZF-V36-K」の使い心地はなかなかのもの!

男の髭剃りと洗顔はこれで決まりだ!「ヒゲ剃りまで出来る俺の洗顔石鹸」

T字カミソリ「貝印 クロスフィット」の使用感レビューと手入れ方法