読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体のケアと健康・防災を考えるブログ

健康に関する情報を中心に、防災に関することもあわせて取り上げていきます。

スポンサーリンク


点滅する光がアルツハイマー病の治療に有効か

スポンサーリンク

英科学誌ネイチャーにアルツハイマー病の治療に点滅する光が有効だとの論文が発表されたようです。

www.afpbb.com

 

 LEDライトを用いたマウス実験で、アルツハイマー病との関連が指摘されている脳内のアミロイド斑(プラーク)と呼ばれるタンパク質の蓄積が、ライトの点滅によって減少したとする論文が7日、発表された。 アルツハイマー病の治療方法として有用であるかを断定するにはまだ時期尚早だが、さらなる研究を推し進めるための有望な道筋を示したと研究チームは語っている。(上記サイトより)

 

論文によれば、アルツハイマー病は脳波に乱れが生じることから、点滅するライトによって脳波を誘導できることで治療効果がを得れらると考えており、マウスに点滅するライトを照射して脳波の電気活動に影響を与えたといわれています。

その結果、照射を開始してから一時間後に、記憶をつかさどるとされる海馬のベータアミロイド値が40~50%減少し、さらに一週間後には、アミロイド斑および浮遊性アミロイドたんぱく質に「著しい減少」がみられたといいます。

治療に本当に有効かどうかは断定はできないとのことですが、この研究がさらに進めば、新たな発見が期待できるかもしれませんね。

 

アルツハイマー病とは?

 

 

そもそもアルツハイマー病とはどういうものなのでしょうか?

 

アルツハイマー病は、不可逆的な進行性の脳疾患で、記憶や思考能力がゆっくりと障害され、最終的には日常生活の最も単純な作業を行う能力さえも失われる病気です。ほとんどのアルツハイマー病の患者では、60歳以降に初めて症状が現れます。

アルツハイマー病の基礎知識 - アルツハイマー病情報サイト

 

認知症もアルツハイマー病とされており、蛋白の異常な沈着によって脳内の神経原線維に変化を生じ、ニューロン(神経細胞)が機能を失ったり死滅する範囲が広がっていくことで、最終的に脳組織全体が著しく委縮することで起こるといわれています。 

ニューロン(神経細胞)は、電気信号を発して情報を交換する細胞で、その数は大脳で数百億個、小脳で1000億個、脳全体では千数百億個あり、高度で複雑な機能を有していて、その細胞の多くが消滅するということは、まさに脳そのものの機能を失うに等しいことになります。

アルツハイマー病は、まさにこうしたニューロンの喪失による脳機能の著しい低下によって引き起こされる脳障害ともいえます。

現在の治療法としては、薬の投与や精神機能の維持、行動や心理状態の対処などが取られているようですが、どれも確実だというものではないようです。

今回の実験結果(論文発表)によって、これまでにない有効な治療法が確立されれば、アルツハイマー病に苦しむ患者さんやその家族にとっても、喜ばしいニュースになることでしょう。

 

まとめ

 

アルツハイマー病にかかった人は、著名人にも多くおられますが、中でも、元英国首相のマーガレット・サッチャー女史と、元アメリカ大統領ロナルド・レーガン氏など、冷戦期の西側陣営の代表的なトップとして近現代史に名を残した両人物がおられます。

マーガレット・サッチャー  

ロナルド・レーガン

現役時代の両人の姿を知る自分としては(もちろんテレビ越しです)、まさかあれほど雄弁で堂々としていた人たちが・・・と非常に驚いた記憶があります。

アルツハイマー病を描いた映画作品としては、ジュリアン・ムーア主演の「アリスのままで」(2014)が、この病気の発症から進んでいく過程まで詳細に描いており、それまであまりはっきりとしなかったアルツハイマー病という病気の実態を、この映画を通して初めて視覚的に知ることができました。(主人公は若年性アルツハイマー病でした)

yougaku-youga.hateblo.jp

健康だった女性が、ある日突然、物忘れが激しくなり、やがてそれが進行して、記憶そのものが失われていく・・・

こうした映画作品を観たり、実際に発症した方を取り上げた情報に触れるにつけ、病気であるご本人もそうですが、それを支える家族の大変さが身に迫ります。

アリスのままで 

アルツハイマー病ではありませんが、私の祖母も晩年は軽い痴ほう症に入っていて、亡くなる間際まで色々と大変だったことがありました。

記憶を失いつつある人との対話や応対は想像以上に疲れてしまうもので、そこからさらに過酷な病と向き合わなければならない周囲の方たちのご苦労には本当に察するに余りあるものがあります。

今回の実験結果(論文発表)によって、これまでにない新たな治療法が確立され、アルツハイマー患者と、何よりもそのご家族が救われるようになることを願っています。

楽天市場

 

参考サイト:

アルツハイマー病の治療 - アルツハイマー病情報サイト

ニューロン | 脳について | 理化学研究所 脳科学総合研究センター(理研BSI)

 

 関連記事

野草成分にアルツハイマー病の改善効果があると研究チームが発表

NHKスペシャル「認知症社会」で知った介護ケアへの新たな試み

うつ病の症状に血液中成分の増減が深く関係か

「褒めること」で回復が早まる脳の働きとは?