体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


次世代がん治療装置「量子メス」実用化に向けて

スポンサーリンク


国の研究機関と大手メーカーが協力して次世代がん治療装置の開発を行っていくようです。

www9.nhk.or.jp

 

従来の放射線治療よりもがん細胞を正確に狙い撃ちできるという「量子メス」と呼ばれる次世代のがん治療装置の開発を目指し、国の研究機関と大手メーカー各社が協力することになりました。

開発で協力するのは、国の研究機関、量子科学技術研究開発機構と、住友重機械工業、東芝、日立製作所、三菱電機の大手メーカー4社で、13日に都内で記者会見しました。

(同サイトより) 

 

「量子メス」と呼ばれる次世代がん治療装置は、重粒子線を直接がん細胞に照射することで、その死滅を狙った治療法のようです。

重粒子による治療は、すでに現在国内5か所の病院で設置されて運用されているようですが、装置を運用させるためには大型の加速器が必要で、今回の開発は小型化による普及と従来のコスト高を下げる狙いもあるようですね。 

 

共同開発では、加速器を病院の建物の中に置けるように新たな技術で小型化したうえで、がんの種類によっては外科手術に置き換わる治療方法として、10年後の実用化を目指すとしています。

(同サイトより) 

 

的確な位置でがん細胞を狙い撃ちできる量子メスが広く普及すれば、将来において、より多くのがん患者が救われることになると思います。

 

 重粒子線と放射線による治療の違い

 

 

量子メスを構成する重粒子線とはいったいどのようなものなのでしょうか?

医用原子力研究振興財団のホームページでは次のように説明されています。 

 

粒子とは、電子より重い粒子(原子核)の総称です。重粒子線とは原子核のビームをいいます。 

 

従来の放射線による治療では、照射した放射線が体表面の近くではその線量が大きくなりますが、体内深く入るにしたがって弱まります。

そのため深い場所に位置するがん細胞にダメージを与えようとすると、より浅い位置にある正常な細胞まで傷つけてしまうことになります。

これを防ぐために、一方向だけではなく、多方面からの弱い照射で正常な細胞には少ない照射で済むような治療法が取られていますが(多門照射法、強度変調放射線治療)、

放射線はがん細胞を突き抜けて進む傾向があるために、その背後にある正常な細胞へのダメージもあり得るのだとか。

一方、重粒子線(以下、粒子線とする)による治療法の特徴は、体内に入っていくエネルギーの深さを調節することで、病巣の位置で適切に照射することにあります。

 

 

また照射していく深さの終末近くでエネルギーを急激に放出できるだけでなく、病巣の位置でピタリと止まるため、がん細胞に至る道筋にある正常な細胞だけでなく、その背後にある正常な細胞にも影響を与えることなく、問題のある細胞だけを死滅させることが可能だともいわれているようですね

このときに照射エネルギーをコントロールするために使われるのが「加速器」であり、その小型化が今回の開発で焦点になっているようです。

 

少し難しい説明になってしまいましたが、照射線治療のイメージを以下に図式化してみました。 

 

<放射線照射のイメージ>

放射線⇒⇒⇒(体表面)→→→→(がん細胞)→→→

<粒子線照射のイメージ>

粒子線→→→(体表面)→→→⇒(がん細胞)

(⇒は強い照射量、→は弱い照射量) 

 

これが意味するところは、つまり放射線は照射エネルギーが強弱の順で体内に入っていき、その勢いのまま突き抜ける、粒子線は照射エネルギーをコントロールしながら、目的の位置の直前でエネルギーを増して効果的なダメージを与えると、その場で消える、ということでしょうか。

これはもちろん私の中のイメージですので、もし間違えていたら申し訳ないです(汗)

ただ、この解釈の通りだと、これまでの放射線治療と比べて格段に精密ながん治療が行えるようになるということですね。

まさに次世代のがん治療というべき治療法だと思います。

 

最後に

 

以前に遺伝子治療でのがん治療について取り上げたことがありましたが(NHKスペシャルで衝撃!プレシジョン・メディシン(精密医療)で「がん治療」の未来が変わる!)、今回の治療法は、より直接的ながん細胞へのアプローチという感じがします。

プレシジョン・メディシン(精密医療)が遺伝子レベルで判断して的確な投薬を行う、初期段階のクリティカルな処置だとすれば、量子メスによる治療は、より現場に即した外科的処置という印象で、この二つを組み合わせれば、もはやがんという病気は不治の病ではなくなるのではないかという希望すら見えてきます。

実際に冒頭のニュース記事でも、加速器の小型化による量子メス治療法は「10年後の実用化」を目指しているといわれており、もしそれが実現するならば、「がん」は通常の病気と同じように完全治癒が可能になるでしょう。

未来において、あらゆる病から人類が解放される日も遠くないのかもしれません。 

 

おすすめ記事 

目指せ和製ワトソン!人工知能で「がん治療」のさらなる進化を!

超高額の抗がん剤オプジーボの使用ガイドラインが公表

医療や介護、生産現場で存在感を増すAI(人工知能)の凄さ!

 

参考サイト:

粒子線治療の原理 - 切らずに治す粒子線治療