体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


NHKガッテンの「冷え性」を改善するには血管伸ばしのストレッチを!

スポンサーリンク


今日のガッテンは「冷え性対策」です。

www9.nhk.or.jp

世の中の多くの人が悩んでいる「冷え性」。

特に女性に冷え性が多く、長年に渡ってつらい思いをしている人もたくさんいます。

番組でもそういった女性を特に対象にして色々な検証を行っていました。

今回は特に冒頭からその原因となるものを絞り込んで明らかにしていましたね。

ずばり犯人は「血管」。

 

from: Everyday Health

 

血管には血液が流れて全身に必要な栄養分を運んだり、老廃物を回収したりしますが、この血液の流れ「血流」が悪くなることで、体中にくまなく血液が循環しなくなり、冷えが生じるということなのです。

この血管について番組の流れに沿って解説していくことにしましょう。

 

血圧の測り方で異常が分かる?

 

まずは被験者の方に血圧を測ってもらいました。

測定は2回。

最初に座って普通に測ってもらい、次に立ってから座って測定する方法です。

この2回の血圧の数値(上限)が15mmHg以上の差があるとすると、それは

危険な冷え性

である可能性が高くなります。

検証でも、冷え性に悩んでいた人の血圧を普通に座った状態で測っても数値に問題はありませんでしたが、その後の「立って座って」の測定では「座ったまま」のときよりも数値が上がっていたのです。

こうした2回に分けて測定した数値の幅を血圧変動といいます。

冷え性の被験者の方々に24時間測定できる血圧計を装着してもらったところ、「自転車に乗った時」「掃除をしている時」など、普段の生活の中でもとくに動いている際の数値が格段に高いことが判明したのです。(健康な人はこの幅が小さい)

こうした血圧変動の数値が高い原因は「自律神経の乱れ」「血管の硬さ」にあるといわれており(冷えの原因と同じのようです)、この幅が大きくなるにつれ、脳の深部にある血管に影響をもたらして脳梗塞を引き起こす可能性があるようなので、とても危険な状態だといえます。

 

血管を若返らせるための体操を!

 

冷え性が血流の流れの悪さ、すなわち血管の硬さからくるものだとすれば、まずはその硬さを取り除いてやることが必要です。

そのために番組では血管を伸ばす体操を紹介していましたので、以下にまとめてみました。(番組の公式ホームページより)

 

1:太ももの付け根周りの血管を伸ばす

正座の状態→両手を前につく→片方の足を後ろに伸ばす

 

2:ヒザ裏の血管を伸ばす

両手で片方の膝を上から押える→別の足を曲げて腰を引いていく

 

3:ふくらはぎの血管を伸ばす

正座の状態→片方の足を立てる→両手をその膝の上に置き、別の足は横に開く→胸を太ももにつけて前傾していく

 

4:太ももと脛の血管を伸ばす

正座の状態から両手を後ろにつく→片方の足を前に伸ばす→別の足のかかとをお尻につける

 

5:太もも裏側の血管を伸ばす

仰向けの状態→片方の膝を両腕で抱える→抱えたまま太ももを胸に近づける

 

(注意:呼吸を忘れずに。痛くなったら無理をせず止めること。)

 

以上の体操を冷え性で悩む被験者の方に3週間試してもらったところ、なんと全員見事に血管年齢が若返っていました。

中には始めてすぐに体がポカポカし始めた人もいて、かなり即効性の高い体操(ストレッチ)のようですね。

考案した先生によると「ストレッチした部分はすぐに元に戻ってしまいますから、ぜひとも定期的に、こまめに行うようにしてください」とアドバイスされていました。

なので、毎日の定期的な体操として、一日の生活リズムの中に組み込んでしまう必要がありそうです。

もちろん個人差はあるので、人によっては向き不向きのある動きかもしれませんが、その成果のほどを考えるとこれは・・・・一度は試してみる価値のあるストレッチじゃないかと。

ということで、私もこれから毎日実行することにしますよ^^

 

まとめ

 

血管の硬さは動脈硬化ともいえると思いますが、これも生活習慣病によるものが大きいですので、やはり普段からの節制や運動が必要なのは確かです。

 

硬化を促す5つの危険因子

○高血圧
○高脂血症
○喫 煙
○肥 満
○糖尿病

[21] 動脈硬化 | 血管・血液 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

 

個人的にはストレッチも好きですし、家でよくやっているので、体操には抵抗がありませんから、先ほども言いましたが、自分でもしばらく続けてみようかなと思っています。

それほど冷え性でもないのですが、冬場はさすがに冷え気味になりますので、ポカポカになれるのであれば、ぜひという感じで。

番組ではジョギングウォーキング水泳自転車などの有酸素運動も勧めていましたね。

これも血管を柔らかくして若返らせるのには最適だとか。

そう考えると、結局は冷え性の人は運動不足ということになるのかもしれません。

普段から定期的に運動を行うことで、代謝を良くして血流を盛んにできるので、体操がいまいち・・という人は、自分に合った有酸素運動を行うのも良いと思います。

もちろん今日の「ポカポカストレッチ」(勝手に命名しました^^)もそんなに難しい体操ではありませんので、気になる方はぜひ。

私も今から行って寝るとしますよ^^

 

☆血中中性脂肪・コレステロールを抑制する健康飲料

ニッスイのイマークS

伊藤園カテキンジャスミン茶

☆中性脂肪・コレステロール予防食品のまとめ

中性脂肪・コレステロール予防の食品・飲料【比較まとめ】

 

おすすめ記事

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp