読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体のケアと健康・防災を考えるブログ

健康に関する情報を中心に、防災に関することもあわせて取り上げていきます。

スポンサーリンク


大豆がそのまま入った食物繊維たっぷりの「のむ大豆」でお腹すっきり!(*2サイズあり)

スポンサーリンク

最近よく飲んでいる豆乳です。

 

 

ネットで評判だったので、購入したところ、なかなか良い感じで毎日快便になるので、けっこう気に入って飲んでます。

もともと特に便秘気味というわけではないのですが、夜が遅かったり、寝不足が続くとお通じの流れが悪くなるときはありまして。

お腹の調子を整えるのと、もともと豆乳好きだったのもあって、今では朝のレギュラードリンクとして愛用しているのですよ。

 

どんな味?

 

一言でいうと、少し甘味のある豆腐ジュースという感じでしょうか?

とろりとしていて、見た目よりもずっと飲みやすいですね。

 

 

ミルキーな飲む口で後味もまろやか、なかなか美味しいです。

 

 

パッケージの裏側にミックスジュースにして飲む方法が載っていて、まだ試したことはないですが、意外に美味しそうな気もしますね。

 

 

同じシリーズで「有機豆乳」というのがあるのですが、そちらはとろみがなくて、普通に液体風の豆乳になっています。

一度飲んだのですが、豆乳そのものの風味が強すぎるのか、あまり口に合いませんでした。

やっぱりこちらの「豆乳+おから のむ大豆」ですね。

 

 

食物繊維が通常の豆乳の8倍も!

 

 

8倍っていったら、相当ですよね。

これはたぶん、普通の豆乳と違って「おから」が含まれているからではないでしょうか。

甘味があるのも「おから」のおかげでしょうし。

 

 

ポリフェノール(老化防止)の一種であるイソフラボン、動脈硬化やアルツハイマー・認知症を予防する効果のあるレシチンが豊富に含まれているので、健康なことこの上ないです。

 

 

朝にこの豆乳を飲むと、昼前には「おっ!」と便の予感が来て、トイレに駆け込むと気持ちよく出ますから(ほぼ毎日です)、これはもう日々のお腹の整えに欠かせないヘルシードリンクとなっておりますね。

  

ボトルコーヒーとブレンドしてみた!

 

甘味ととろみの美味さに病みつきになったところで、いっちょうコーヒーと混ぜ合わせてやるか!と思い付き、早速試してみました。

ネスカフェ・ゴールドブレンドのボトルコーヒーです。

 

 

コーヒーも快便用ドリンクとして、日々活躍しているアイテムなんですよ。

特に挽き立てのバニラ入りブラックコーヒーは香り、風味ともに最高で、これを飲まないと一日が始まらないくらいです。

しかし豆乳に熱々のブラックコーヒーを投入するのもおかしい話なので、ここはアイスボトルコーヒーにご登場願いました。 

ではさっそく豆乳に投入。

 

 

混ぜます。

 

 

できあがり!

 

 

コクがあって美味いです。

もう少し飲みにくいかなと思ってましたが、予想以上にイケます。

これは毎朝のレギュラードリンクに確定ですな!

  

 

330mlサイズも登場!(2017年5月)

 

通常の1ℓサイズに加え、330mlサイズも発売されました。

 

 

携帯用サイズなので、気軽に飲むことができます。

大きさだけではなくて、キャップ部分も「ねじ回し式」で大変便利に!!

 

 

 

もちろん中身は同じく美味しくて栄養満点ですよ^^

 

まとめ

 

普通の豆乳に比べて「とろみ」があって、甘みも増している「豆乳+おから」のむ大豆。

サラサラタイプよりも豆腐特有の生臭さがなくて、クリーミーな美味しさがあるので、個人的にはこのタイプのほうが断然美味しいと思います。

サイズも持ち運び便利な330mlサイズが出てきたので、いよいよ本格的に「のむ大豆」の人気爆発は間近ですね^^

ただこの豆乳を飲むときに、一つ気をつけなければいけないのは、飲んだ後にコップをすぐに洗わないと、おからと豆乳の上澄みがコップにへばりついてしまうこと。

飲んですぐ後なら、水洗いでも取れないことはないですが、乾いてしまうと、洗剤をつけてきちんと洗わないと取り除けませんので、そのへんは注意しないといけませんね。

これからも上澄みに気を付けて、のむ大豆で毎日を気持ちよく過ごしていきます^^

 

関連記事

NHKガッテン「慢性炎症」特集!肥満を防ぐと炎症も起こりにくくなる?!

どっちの低脂肪乳が美味しいのか?「明治」と「らくのう」を飲み比べてみた!

尿酸値を下げるアンセリン入りの野菜ジュースを飲んでみた!「一日野菜プラスアンセリン」

カテキン効果を再確認!粉末緑茶(煎茶)と抹茶の違いを調べてみました

がん治療の代替療法としての健康食品とその効果