体のケアと健康・防災を考えるブログ

健康や防災に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


腰痛もちの人はインソールを試してみるのもいいかもしれない!

スポンサーリンク


前回スポーツショップですすめられたインソールを買って慢性腰痛が劇的に改善した話をしました。 

juntarouletter.hateblo.jp

腰痛といっても、立てないというほどの重度のものではなくて、座っていて立つときに「イテテ・・」となったり、寝た状態から起き上がるときに「イデデデデ!」となったりする程度のものです。(けっこう重症かな^^;)

この症状はここ5年くらいで顕著に出始めて、3年前には、それこそ歩くのもキツイ、座っていても腰に重い痛みが走る、ましてやそこから立ち上がる時なんかは「むうううううん!」と気合を入れないと、とてもじゃないけどまともに立ち上がって歩けやしないという状態が突然きて、その時はさすがにいつものようにしばらくじっとしていて痛みが治まるような程度ではなかったので、いきつけの整体の先生に診てもらいましたっけ。

基本的には腰椎が微妙にずれてることが多いらしく、そこの歪みが筋肉を緊張させて、限界を超えると痛み出すらしいです。

「俺も年だなあ・・」なんて遠い目で整体院に行くバスの座席から夕陽を眺めていましたが(このときの乗り降りも地獄でした)、それからも良くなっては痛くなり、マシになっては再び違和感が襲う、みたいなインターバルを繰り返して昨年末まで過ごしてきたというわけなんですね。

それが前回に書いたインソールのおかげで「おおおおっ!」というくらい、劇的に慢性な痛みから解放されたのはまさに天祐というべきか。

 

 

なぜもっと早く俺はこの魔法の中敷きを手に入れなかったんだ?

いやそれよりもなぜ腰の痛みが変な体重のかけ方からくる「体軸のぶれ」からくることに気づかなかったんだ馬鹿な俺よ!!

などと、喜びと自虐の波の中でうねうねとここ3か月間を漂っていたという・・

そして!

再び新たなインソールを再購入したのでございます。 

 

Newインソールで歩行もラクラク!

 

新しい、といっても、まったく別のメーカーさんというわけではなくて、前回から使っていたバネインソールがだいぶんくたびれてきた感じだったので、同じ種類のを予備用にもうひとつ買っておこうとなったわけです。

なので本来はここで新たにレビューする必要もなかったんですが(前回にレビューを済ませているので)、お店の人に前回からのことと、使ってみた感想や、今まで使ってきたインソールが少しヨレってきたことなどを伝えると、「それでしたらですね・・」と新たに別バージョンの提案をしてこられました。

「実はお客様が前回から使ってこられたタイプは、どちらかというとアクティブなユーザーさん用に開発されたものなんですよ」

「アクティブ?」

「そうなんです。ランニングやウォーキング、そのほかのスポーツをされる方を対象にしたインソールだったんです」

「なるほど。確かによく歩いてますね。でもランニングやジョギングはしないので、運動というほどではないかもしれないですが・・」

「そういったライトユーザー様でしたら、ベーシックタイプのこちらのインソールのほうがよいかもしれませんね」

そういって持ってきてくれたのが、黄色のバネインソール。

「あ、同じタイプの」

「こちらはお客様が今まで使ってこられたタイプより、少し高さがあります。なぜなら、前のタイプは靴の中敷きの上からそのままはめ込んで履くのに対し、こちらのベーシックタイプは中敷きを抜いてそこにはめ込むようにできているんです。どちらが良いというのではありませんが、このベーシックのほうだと、最初から靴の中にインストールする形になるので、日常用にずっと履けるという利点はあります」

「すいません。その利点はあまり意味がないです。なぜなら前の青のタイプももともとの中敷きを抜いて、最初からはめ込んで履いていたからです」

「そ、そうなんですか・・」

私の冷静な突っ込みに対し、店員さんは苦笑いされて頷かれていました。

まあ、前回の時にちゃんと使い方の説明を聞いてなかった自分が悪いのですが^^;

というわけで、実際にそのインソールをはめ込んで店内を少し歩いてみることにしました。試歩行というやつです。

「おっ、これはすごい!」

思わず声がでます。それくらい前と比べて「かかと」部分の高さに違いがあったのです。

「そうでしょう?その高さで後ろに傾きがちなお客様の重心を前傾に保たせてくれるんですよ」

「なるほど」

少し歩いた感じは、前の青のタイプとそんなに目立った違いは感じません。

前回はそれまでにないほどの歩く感覚の違いを体感できたものですが、さすがに3か月も履き続けてきたので、体が慣れてしまったのでしょう。それでもやはり足元が軽くなる感じはさすがというべきか。

「これにします」

即座に購入を決めました。

税抜きで4200円、税込み価格で4536円。

半年以上はこれで腰痛から解放されるのだから、安い買い物です。

 

実物レビュー

 

ではインソールの実際の見た感じをお見せしましょう。

  

 

裏はこうです。

 

 

かかとの高さはこうなってます。

 

 

横から見た感じ。

 

 

ゴム(シリコンかも)部分は弾力性があって、しっかりしてます。これが体重を支えて骨格バランスを保たせる核心部分か?!

そして前回のスポーツタイプと比べてみると・・

 

 

右側が使ってきた分ですが、だいぶんヨレってるのがわかりますね。

新しいタイプより大きく見えるのは、本来ガードされているべき横の反り返り部分が使用劣化により広がってきてるせいでしょう。(それでも腰の痛みは軽減されたままです)

そして噂の高さ。

 

 

明らかに黄色のほうが高さがありますね。

この部分の差が「中敷きの上からはめ込むインソール」と「中敷きとして使うインソール」の違いでしょうか。

 

 

シューズにイン!

この後、実際にこのまま街を歩いてみましたが、やはり前から使っているタイプよりは足元が軽く感じます。

靴はリーボックのDMX RIDEで、前回のインソール購入時に同時に買いましたが、3か月間履いてても型崩れがほとんどなく、軽さも丈夫さも十分で履き心地抜群です。(さすがはブランドメーカー!)

歩くのが相当好きなので、通勤はもちろん、日常の移動や休日のちょっとした外出でも暇さえあれば歩きますし、さらにそこから距離も歩くので(3キロぐらいはザラです)、靴もインソールの摩耗もかなり激しいと思います。

ただ前回と違うのは、この新しいタイプを買ったことで、バネインソールが2種類になったこと。古いタイプもまだ全然使えるので、新旧を交互で使い、それぞれの負担を減らせますかね。(靴も予備があと2つあります)

そうすると劣化の速度も落ちますから、結果として一年は持つんじゃないかと。このインソールを勧めてくれた店員さんも2種類を定期的に交互に使っているようなので、これでようやくインソール生活のスタートラインにたてたかなという感じですね。

そしてこれが重要。

店員さんいわく「一つのインソールを休ませているときは、できるだけ洗うようにしてください。やはり臭いや汚れがつくとインソールの劣化にもつながりますし、足の健康にも良くないですから」とおっしゃられていたので、洗い方を教えてもらい、さっそく試してみることにしました。

 

インソールの洗い方

 

水洗いでささっと洗い、天日干しするとよいとのことなので、風呂場で洗うことにしました。

もちろん洗うのはこの3か月間酷使してきて、汚れに汚れた青のインソールくん。

 

くまなく

 

 

まんべんなく

 

 

裏も忘れずに

 

 

しっかりと水洗い

 

 

終了です

 

 

あとはこのままベランダに出して一晩置いておきます。

翌朝にはきれいになって、また元気にインソール仕事してくれよな!

 

最後に

 

翌朝、見事に乾いて再び別の靴の中に敷いて使っています。

相変わらず足の疲れは感じにくくなったし、腰痛もなりません。

もちろん新品のインソールを入れた靴も絶好調で、どれだけ歩いても全然平気ですね。

思うに自分が腰痛を発症するようになったのは、歩くのが好きなことからきてるかもしれません。

もともと右足の脛から下が少し湾曲していて(O脚に近いです)、そのため普通の人よりも右足に負担がかかりやすくなっているんですよ。

なので長時間歩いたり、踏ん張ったりする作業を続けると、知らず知らずのうちに右足がたわんできて、その結果、右のたわみに引っ張られるようにして腰がずれるということを繰り返してきたみたいなんです。

そのときの施術でも最後にO脚矯正用のベルトを締めてもらって、ようやく湾曲がマシになったくらいですから、普通の生活をしていたらまず脚のたわみはとれませんよね。(アマゾンで矯正ベルトを発見したので買うことにしました。また後日レビューします)

それが適切なインソールを使うことで体の軸が保たれ、足にかかる負担も少なくなり、腰もずれにくくなったというのが、腰痛が劇的に改善された真相という感じでしょうか。

もちろんきちんとレントゲンやらMRI検査を受けたわけではないから、実際に症状がどうなっているかはわかりませんが、少なくとも、このインソールを使い始めてからは、体感としてはこれまでのような慢性的な嫌な腰の痛みは最近なくなっているのが確実なので、もし長年腰痛でお悩みの方で、こうしたインソールを履いたことがないなら、ぜひ一度試されてみては?と思いますね。

高価なものもいろいろ売られていますが、私が購入したバネインソールは4千円少々で、ケアしながら使えば一年は持つようなので、全然コストパフォーマンスは優れていると思います。できれば2足買って交互に使うと、より長く持つかもしれませんね。

あとはオーダーメイドでインソールを作ってくれるお店に行けば、それぞれの足の形や体の状況に合ったものを提供してくれるので、余裕のある人はこちらもおすすめですね。

インソール・中敷きで足の悩みを解決!【シダス - SIDAS, Your foot company.】

このインソールを買った店舗では、その場で足の形状を測定してオーダーメイドで作ってくれるようなので(9千円ほどかかります)、次回はそうしてみようかなと思ってます。

腰痛もちの方は、ぜひ一度お試しあれ!

 

おすすめ記事 

NHKガッテン 膝痛は「関節包」が原因だった?!3分でできる膝運動を紹介!

生活習慣病・がん予防にウォーキングが効果的!ニューバランスのウォーキングシューズ購入レビュー!【MW880-RK3】

激痛が走る「こむら返り」はアキレス腱を伸ばして治そう!

肩こり解消のカギとなるのか?肩甲骨ストレッチ器具「のび~る」を試してみました!