体のケアと健康・防災を考えるブログ

健康や防災に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


高血圧対策におススメの食べ物「果実編」~リンゴ、瓜類、イチジク

スポンサーリンク


生活習慣病の代表的な一つに「高血圧」が挙げられます。

高血圧は、日本での罹患者数は1000万人を超えるほど、生活習慣病の中でも代表的な病気であり、普段は特徴のある症状は出ないのですが、放っておくと体の中で徐々に影響を及ぼす恐ろしい病気でもあり、普段からの養生が大切な病気といえます。

今回はその高血圧に効果のある自然の食材を紹介したいと思います。

その前に、まずは簡単に高血圧について説明しておきましょう。

 

高血圧の症状

 

血圧の高さの基準としては、最大血圧が140mmHg最小血圧が90mmHgを超えると、赤信号と言われています。

高血圧は血管壁に高い圧力がかかる症状なので、それによって血管が傷ついたり、もろくなったりしてしまうので、血管の老化現象が早く進んでしまいます。

血管がたくさんある所ほどその影響を受けやすいといわれ、脳や腎臓、目の網膜などがあげられますが、血液を送り出す際に役割を果たす心臓も、高血圧の合併症が現れやすい臓器なので、高血圧になってしまうと、脳梗塞、腎不全、眼底出血、心不全などを引き起こしかねません。

高血圧の予防・治療には「減塩」「減量」「適度の運動」が推奨されていますが、中でも特に「減塩」が優先されます。

塩分のとり過ぎは血液の塩分濃度を高めてしまうので、人体の防御本能として、細胞の水分が血液に移行して、血液の塩分濃度が上がらないように調節機能を働かせます。

その結果、血液の全体量が増えてしまい、血管の壁には強い力がかかってしまいます。

これが「高血圧」の原因になるのですが、ほかにも塩分のとり過ぎは、血管を収縮させるホルモンの反応を高めてしまうので、血圧が高くなるのは必然ですね。

こうした理由から、高血圧の予防・治療には、減塩が優先されるというわけです。

そこで出てくるのが、血圧を下げる「食材」。

今回はその中でも特に血圧を下げる効果の高い「果実」を紹介しようと思います。

 

リンゴや瓜類(スイカ・メロン)、イチジクが効果的

 

前者二つは、血中内の余分な塩分を体外に排出するミネラル「カリウム」が豊富に含まれているのが特徴的です。

特にリンゴには利尿作用のあるカリウムだけでなく、食物繊維の一つであるペクチンを豊富に含むため、便秘を予防します。

 

 

便秘も血圧を高める原因になるので、しっかりと食物繊維を摂ると効果的だと言えますね。

リンゴは広く流通している果実で、調理法も様々ありますが、個人的には生のまま齧るのが一番好きです。

ただ皮部分に農薬がついている場合もあるので、皮をむいて食べるほうが比較的安全なのでしょうね。

人参と一緒にジューサーにかけて、アップルキャロットジュースにしても美味しいですよ。

ビタミンと食物繊維、カリウムを同時に摂取できるので、朝の忙しい時間にはおススメです^^

 

次にスイカです。

 

 

スイカにもカリウムがしっかりと含まれているため、余分な塩分排出の効果のある利尿作用に期待できます。

スイカといえば夏ですが、こちらも生で食べるのが通例ですよね。

子供のころは本当によく食べました。大人になってからはあまり口にしていないのですが。

甘さを引き立てるために塩をかけることもありますが、もちろん高血圧の人には厳禁です。

利尿作用は果肉よりも皮に多いとされているようですが、皮ごと食べられるような調理法は勉強不足のため、ちょっと分からないので(汗)、また調べて後日追記させてください。

 

さらにメロンも挙げられます。 

メロンもカリウムが豊富に含まれていて利尿作用があり、むくみ、高血圧、腎臓病に効果があるようです。 

また糖分の主体が果糖・ブドウ糖で吸収が早く、即効でエネルギーを補給するにはもってこいなことから、夏バテや暑気払いにも効果のある果実。

メロンは独特な甘みと香りがありますし、多くの人に愛されていますよね。

昔は(今もかもしれませんが)高級というイメージもありましたが、これも味以外の栄養分の確かさも込みで値段が高くなっているのかもしれません。

個人的には実はあまり好きではないフルーツなんですが(汗)、あの香りがちょっと苦手なんですよ。

でも栄養分はかなりあるようですし、利尿作用も高いので、これから機会があれば食べてみようかと思います。とはいえ、まだまだ高いフルーツなので、そうはしょっちゅう食べられませんが^^; 

 

最後にイチジクです。

糖分、ビタミン、ミネラルを豊富に含んだアラビア原産の果実。

 

 

他にもクマリン類のプソラレエンに降圧作用があるとされ、血圧の低下に効果があります。
食物繊維のペクチンも多く含んでいるので、便秘などの整腸作用もあり、実はなかなかに優れものなんですね。

イチジクは昔よく生のままで食べましたが、甘くて食感がジャリジャリしていてなかなか美味しかった記憶があります。

血圧を下げる効能もあり、やはり昔から食べられ続けている食材は何かしらの意味はあるのでしょう。

最近はあまり食べていないので、今度また試してみようかと思いますね。

 

最後に

 

今回は果実類を中心に取り上げみました。

どれも日常的によく見かけるものですが、特にリンゴは安価で季節を問わず手に入りやすい果実ですので、ぜひとも血圧のコントロールに上手に利用したいものです。

今日のような体に良い食べ物シリーズは、自分的にも調べていて非常に役に立つ感覚が強いので、これからも定期的にアップしていこうかと思っています。

次回は血圧を下げる「野菜類」を取り上げるつもりですので、よければまたご覧ください。

 

「高血圧」関連記事

高血圧対策には減塩を!国立循環器病研究センター認定の「減塩生みそ」を試してみました

高血圧対策の減塩調味料!国立循環器病研究センター認定の「かるしお」シリーズを試してみました

高血圧対策におススメの食べ物「魚介類」~アジ、イワシ、サンマなど  

参考文献・サイト

「クスリになる食材事典」池本真二 監修(土屋書店) 

一般社団法人 日本生活習慣病予防協会