体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


高血圧対策におススメの食べ物「野菜・海藻類」~きゅうり、昆布、ブロッコリなど

スポンサーリンク


前回「血圧を下げる食べ物~果実編」で高血圧について大まかなことは書き記したのですが、もう一度、簡単にまとめてみたいと思います。

 

・血圧の高い状態が続く症状(最大血圧が140mmHg、最小血圧が90mmHgを越える状態)

血管壁に高い圧力がかかるため、血管そのものを傷めてしまう

・体内の血管に影響があるだけでなく、心臓にも症状をもたらす

・減塩が第一。(血中の塩分濃度を薄めるために細胞から水分を移行させるため、血液量が増え、その結果、血管壁に負担がかかる

 

これらを防ぐために、体内の余分な塩分を排出する効果のある「カリウム」が豊富に含まれる果実を前回紹介しましたが、今回は同じ効果を持つ野菜・海藻類を挙げてみたいと思います。

 

血圧を下げる効果のある野菜

 

◎きゅうり

きゅうりは水分を多く含んだ野菜で、栄養面ではそれほどなのですが、水分とカリウムを豊富に含むため、利尿作用とむくみを解消する効果があります。

 

 

季節としては夏から秋にかけてが旬の食材になり、汗と共にカリウムも失われることの多い夏には、積極的に摂りたい食べものでもありますね。

生のまま齧っても美味しく、細かく刻んで酢と一緒に和えて食べるのも、メジャーな調理法です。

酢には肥満を防ぎ、コレステロールを低下させる抗肥満アミノ酸が含まれているので、カリウム摂取とともに、生活習慣病を予防するにはもってこいの調味料ですから、きゅうりと絶好の取り合わせといえますね。 

 

◎昆布

昆布には、血圧の降下を促すカリウムやアルギン酸を含むので、血圧を下げるには効果的な食材の一つです。

 

 

アルギン酸は昆布のヌルヌルの部分で、食物繊維の一つとなり、高血圧だけでなく、コレステロールも排出する働きを持っているので、動脈硬化の予防にも効果があります。

また甲状腺ホルモンの原料となるヨード新陳代謝を高める)、鉄、マグネシウム、マンガンなどのミネラルが豊富に含まれていて、免疫力や造血作用に効果をもたらすようです。

ほかにも食品添加物を排出する働きも期待できるため、普段の食生活でコンビニ弁当や出来合いの食べ物を多く食べている人は、一日一度はみそ汁などに入れて摂りたい食材でもありますね。

 

◎なす

塩分を排出するカリウムと食物繊維が豊富な野菜です。

 

 

なす独特の色合いはナスニンという色素によるもので、コレステロールを下げて動脈硬化を予防し、抗ガン作用もあるといわれています。

わが家ではナスと炒めた豚肉を和えたものを夏バテ予防に食べていますが、ウナギのかば焼きやかれい、チーズなどにも合うようですね。

個人的には、網焼きで焼いた後に、みそ田楽で食べるのが美味しくて好きです。

 

◎人参

ビタミンA、食物繊維、カリウムを豊富に含む健康の代名詞のような野菜です。

 

 

にんじんに含まれるβカロチンは活性酸素を除去し、免疫力を増強したり、抗がん作用があるとされています。

ほかにも視力の回復肌荒れにも効果があるようです。

もちろんカリウムによる血圧降下作用も期待できます。

にんじんはリンゴと共にジューサーですりつぶしてキャロットジュースにすると美味しく飲めますし、毎日飲むことで病気を遠ざけるといわれています。

朝起きがけに一杯飲むと、一日が健やかに過ごせそうですね。

 

◎ブロッコリー

ビタミン、ミネラルをバランスよく含む体に良い野菜の一つ。

 

 

動脈硬化やガンに効果のあるビタミンCや、皮膚や粘膜の維持を助けるβカロチン、カルシウム、カリウム、食物繊維を豊富に含んでいます。

カリウムも豊富で血圧降下の働きが期待できます。

ブロッコリーを食べるときはそのまま茹でてお湯から取り出した後、軽くドレッシングやマヨネーズをかけて食べるのが好きですね。

ほかにも茹でたブロッコリーを細かく刻んでポテトサラダに混ぜたりしても美味しいですし、メンチに入れて食べる方法もあり、バラエティーに富んだ調理方法が魅力の食材ともいえます。

またブロッコリには肝機能を良くする働きもあるとされていて、サプリメントも人気があるよう。茹でるなどの調理が面倒な時は、手間が省けて簡単に毎日食べられる利点がありそうです。

 

 最後に

 

きゅうりも昆布も、日本食を中心に食べていると、比較的に毎日の食生活で自然と取り入れてることが多いような気がします。

個々人の生活スタイルによって異なるので、一概にそうとはいえないかもしれませんが、ご飯をメインにした食生活だと、おかずや添え物にどちらかの食材が入っているように思いますね。

日本食だとダシに昆布を使っていたりすることが多いので、自然とカリウムやアルギン酸を摂れているのでは?(調理方法によりますが)

なすや人参、ブロッコリーも調理方法は様々あるので、美味しく食べて、体を健康に保ちたいものです。

またこれらの野菜・海藻類以外にも、「トマト」「ソラマメ」などもカリウムが豊富にあり、生のままで食べられる強みがあります。

カリウムは野菜やイモ類に多く含まれているので、普段の食事で塩分を大目にとっている人は、ぜひとも野菜を毎回の食事に意識して取り入れるようにしたいですね。

とはいえ、自分もけっこう濃い味が好きなので、以後気を付けるようにします^^;

次回の「体に良い食べ物シリーズ」は「魚介類」を取り上げる予定ですので、よければお立ち寄りください。

血圧を下げるのに効果的な食べ物「魚介類」~アジ、イワシ、サンマなど

 

☆血中中性脂肪・コレステロールを抑制する健康飲料

ニッスイのイマークS

伊藤園カテキンジャスミン茶

☆中性脂肪・コレステロール予防食品のまとめ

中性脂肪・コレステロール予防の食品・飲料【比較まとめ】

 

おすすめ記事

高血圧対策には減塩を!国立循環器病研究センター認定の「減塩生みそ」を試してみました

高血圧対策の減塩調味料!国立循環器病研究センター認定の「かるしお」シリーズを試してみました

高血圧対策におススメの食べ物「果実編」~リンゴ、瓜類、イチジク

 

参考文献・サイト

「食べもの栄養事典」池上保子監修(日本文芸社) 

一般社団法人 日本生活習慣病予防協会