体のケアと健康・防災を考えるブログ

健康や防災に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


高血圧対策の減塩調味料!国立循環器病研究センター認定の「かるしお」シリーズを試してみました

スポンサーリンク


高血圧は脳卒中や心筋梗塞を引き起こすきっかけとなる恐ろしい症状です。

普段の食生活や加齢によって血管が詰まったり、傷つき弱ったりすることで、血圧が高まり、動脈硬化を併発して、上記のような症状に至ってしまう恐れがあります。

なかでも食生活による血管の傷みは年齢に関係なく起こり得るので、老若男女ともに気を付けたいところ。

そんな高血圧対策の一環として、国立循環器病研究センターがヒガシマル醤油と共同で開発した調味料を今日は紹介したいと思います。

 

 

「かるしお」シリーズ。

少し前に発売されていたようですが、最近ネットで知りました。

高血圧がほんのりと気になる年齢になってきているので、お試しに早速注文してみることに。

一つは「八方だし」で、中身は「ヒガシマルの本醸造淡口しょうゆ、こだわりのかつおだし、砂糖だけを使用した自然な甘味」となっています。

 

しょうゆ(本醸造)、砂糖、ふし(かつおぶし、かつお削りぶし、むろあじぶし)、清酒、かつおエキス、まぐろエキス、醸造酢、食塩、こんぶ、アルコール、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

 

もう一つが「万能だし酢」で、中身は「八方だし」の中身に「レモン果汁」を加えたもののよう。

 

還元水飴、醸造酢、砂糖、しょうゆ(本醸造)、清酒、こんぶエキス、かつおエキス、発酵酸味液、食塩、レモン果汁、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

 

レビューを見ると、どちらもマイルドな味わいで、なかなか好評のようですね。

 

八方だし

 

裏面

 

だし酢

 

裏面

 

もちろん塩分は控えめで、栄養表示は以下のようになってます。

 

「八方だし」

大さじ1杯15ml
熱量… 26kcal、たんぱく質… 0.8g、脂質… 0g、
炭水化物… 5.8g、ナトリウム… 680mg
カリウム… 39mg、リン… 15mg、
食塩相当量… 1.7g

 

「万能だし酢」

大さじ1杯15ml
熱量… 21kcal、たんぱく質… 0.1g、脂質… 0g、
炭水化物… 5.1g、ナトリウム… 110mg
カリウム… 6mg、リン… 3mg、
食塩相当量… 0.3g

  

いろいろ食べ方はあるようで、ヒガシマルの公式サイトでもレシピが出ています。

 

www.higashimaru.co.jp

 

かなり豊富なメニューが目白押しで、どれを試していいのやら迷ってしまうくらいですね。

しかしここで問題なのは、私が普段からほとんど料理をしないというところ(涙)

基本的には家で作ってもらったものを出されたものを食べるだけなので、こういうレシピを出されても「・・・」となってしまうという悲しさがあるのですよ。

しかし今回はあえて自分で作ってみるということで、この中でも比較的かんたんに作れる「ブリの照り焼き」に挑戦してみることにしました。

 

「かるしお 八方だし」で「ぶりの照り焼き」に挑戦!

 

一応レシピを書いておきますと(ヒガシマル公式サイトより)

1. ぶりは洗って水けを拭き、小麦粉と片栗粉を合わせた粉を薄くまぶす。たれは合わせておく。
2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、しし唐辛子を入れ、焼き色がついたら取り出す。ぶりは盛りつけたとき上になる方を下にして入れ、焼き色がついたら裏返して焼く。
3. 火が通ったら余分な油を拭き取り、たれを加えてからめるように焼く。
4. 器にぶり、しし唐辛子、青じそを盛る。

 のようになってます。

ですが、もちろん自分には無理なので、ややこしい部分は省いて、もっぱら「ぶり」をフライパンでぶりぶり焼いて、そこに「八方だし」をかけて、そこからさらに焼くようにしました。シンプルイズベストです^^

そこでできたのがこちら。

 

 

いい感じですよね。

少し日本酒もかけたので、香りがいい感じです。

 

 

中もちゃんと火が通ってます。

 

 

食べてみますと・・

 

 

GOOD!!

美味しいです。

かなりイケてます。

我ながら料理の達人です!(ウソです)

 

 

なんというか、ほんのりとした甘みがブリの締まった身とよく合って、噛むほどに旨味が溢れてくるような感じなのですよ。

軽くかけておいた日本酒がこれまた風味を効かしてくれて、魚の臭みもすっかり取り除かれてます。

レビューでは甘みがあるとは書いてありましたが、それは本当でしたね。

まったりとマイルドで、とても口に優しい。

ブリの脂が乗ってるので、ちょうどこれくらいがいいんじゃないですか?

ビールにも合うし、最高の肴だ!(ビールは思い切り余計ですな^^;)

 

 

 

 

「かるしお 万能だし酢」でに挑戦!

 

さて次は「万能だし酢」の番です。

こちらもあっさり系の味のようで、レビューでもサラダや餃子にかけると美味しいとありました。

自分で調理するのは、先ほどの「ブリの照り焼き」で力尽きてしまった感があるので、皆さんのように、今回はシンプルに「かけてみるだけ」にします。

ということで、まずはサラダ編!

 

 

ここに「万能だし酢」をかけて・・・

 

 

できあがり!

 

 

味の方は少し甘めが目立つけど、まずまずマイルドな風味ですね。

いつも使っているドレッシングには負けますが、これはこれでありかと思います。

では次に「餃子編」!

 

 

これもタレとして使いましょう。

 

 

食べてみると・・・・

 

 

うん!

これはなかなかイケます!

酢とレモンのほんのりした酸味と、マイルドな甘みが餃子の脂っこさにマッチしてますね。

サラダよりはこちらのほうが好みですよ^^

ここに少しポン酢をかけたら、もっと「しゃきっ!」とするかもしれませんね(減塩的には良くないでしょうが)

脂ものには「万能だし酢」は相性が良いのではないでしょうか?

 

最後に

 

かるしおシリーズ、如何だったでしょうか?

どちらも思った以上に「マイルド」で「あっさり」していて、確かに「減塩」してるなあという感じはしました。

濃いめの味が好きな自分的には、少々パンチが足りないと思いますが、体のことを考えると本当はこういった薄味系のもののほうが良いのでしょうね。

それでも味付け的には十分に「素材」のおいしさを引き出していると感じるので、これからは普通の調味料と「かるしお」シリーズを半々で使いたいと思いますね。

ちなみにこの商品を共同開発した国立循環器病研究センターは、この商品のリリースに合わせて公式ホームページとレシピ本を出しているようです。

興味のある方は是非一度チェックしてみてください^^

 

おすすめ記事 

痛風を防ぐ!尿酸値を上げないための食事法とは?

痛風・尿酸値に効くアンセリン入り野菜ジュースを再購入!そして・・・

緑茶で歯周病菌を撃退!悪玉菌を抑える粉末緑茶レビューを再び!