体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


【粉末緑茶・比較レビュー】メーカー別に味わいから健康効果まで

スポンサーリンク


 

お茶の葉には高い栄養価が含まれていることを、このブログでもたびたび紹介してきました。

その主成分であるカテキンは高い抗酸化作用と殺菌作用をもつといわれ、さまざまな病気を予防するのに効能があるとされています。

今回はそんなカテキンの飲み比べをまとめて紹介していきたいと思います。

その前にまずは効能について改めて説明しておきましょう。

  

カテキンの驚くべき効能

 

カテキンには高い殺菌効果が期待できます。

細菌性タンパク毒素に対する抗毒素作用、インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス作用などによる殺菌効果と抗酸化作用が人体に非常に有効に働きます。

またカテキンには歯周病菌であるジンジバリス菌の働きを抑制し、ジンジバリス菌がもたらす動脈硬化や血管の破壊を予防する効果があるといわれています。

さらに老化を促す活性酸素を適度に抑えて、生活習慣病を予防する働きもあります。

juntarouletter.hateblo.jp

そして認知症の代表的な症状であるアルツハイマー病の予防に必要な物質タキシフォリンを生成する素としても注目されていて、現在もその研究開発が進んでいるようですね。

juntarouletter.hateblo.jp

こうして幅広い効果を持つカテキンは、もちろん「茶葉」に多く含まれていて、簡単に手軽に摂取できるというところに最大の魅力があるのです。 

 

カテキンを効率よく摂れる「粉末緑茶」比較

 

そんなカテキンを効率よく摂取するには「粉末緑茶」として飲むのが、最も手軽で効果的です。

最初にそのことを知ったのは、NHKガッテンの「口内フローラSP」から。

juntarouletter.hateblo.jp

番組で紹介されていた「口臭予防や歯周病予防で歯科医院でも使用されている」ということに驚いたのと、実際に口の中の不快感が減少したり、しばらく飲んでいた人が驚くほど口臭がなくなった映像を見て「これなら自分でも簡単に続けられそうだ」という結論になりました。

その後、定期的に粉末緑茶を購入し続けて現在に至ります。

おかげで口の中はすっきりしていますし、以前は少ししていた口臭もほとんどしなくなりました。

何より排便がよりスムーズになったというのは大きいですかね。

粉末緑茶には食物繊維も豊富に含まれているので、カテキンやポリフェノールによる効果以上に、そちらの効能の恩恵を受けている感じです^^

それではここで今まで飲んできた「粉末緑茶」の味や効果の比較を述べていきたいと思います。

 

 美笠園の「静岡県掛川産 100% 粉末緑茶」

juntarouletter.hateblo.jp

一番初めに購入した「粉末緑茶」です。

実際には2番目なのですが、記事本文にも述べてますが、最初に注文したのは粗びきの緑茶で粉末ではなかったため、この商品が最初の粉末緑茶レビューになりました。

味のほうは少し濃いめですが、後味はさっぱりしていて、緑茶の元気な味わいがありました。

最初に飲んだ粉末緑茶ということで、体における効果の方も特に「口の中がさっぱり」したというのが、一番の印象ですね。

あとは200gという容量で約2か月持たせることができ、コスパ的にも納得の商品でした。

後に飲む粉末緑茶に比べると、味の方は少し落ちますが、健康効果を考えれば、容量とコスパは非常にバランスがとれていると思います。

 

屋久島@深山園の「屋久島粉末緑茶」

juntarouletter.hateblo.jp

次に購入したのがこちらです。

屋久島という古くからの自然が色濃く残る自然豊かな土地柄と、無農薬で作ったヘルシーさに魅力を感じて取り寄せることにしました。

味の方ですが、これが実にまろやかで香り高く、これが本当に「粉末緑茶か?」と思わせるほどに奥深い風味を感じさせてくれました。

たとえていうなら「抹茶」というイメージに近いでしょうか。

ただ抹茶は普通の緑茶とは異なる製法で作られるので、得られる効能も異なってきますし、そうであればカテキン成分の恩恵からは少し外れることになります。

しかしこの粉末緑茶はまぎれもなく「緑茶」なので、カテキン・ポリフェノールともに茶葉そのままに豊富に配合されていて、非常にお得感がありました。

またこちらのメーカーさんは茶葉の分析データを商品とともに同封していて、そこも信頼性を感じる大きな理由になったでしょうか。

容量としては、最初は100g一袋から、次に3袋セットで300gを取り寄せました。

なので、このときから続けて3度ほど注文をさせてもらっています。

味としてはこれまで試してきた「粉末緑茶」の中で一番美味しいと感じました。

 

いいお茶ドットコムの「静岡県産 粉末緑茶」

juntarouletter.hateblo.jp

一番直近に利用しているメーカーさんです。

先ほどの屋久島緑茶と併用する形で現在進行形で飲んでいます。

こちらのメーカーさんは非常に親切で、直筆(印刷かもしれませんが)のメッセージ入り名刺や粉末緑茶を使ったレシピを同封されていました。

味のほうですが、こちらもなかなか程よい味わいで美味しく飲むことができました。

ちょうど最初に注文した掛川産のものと屋久島産のものの中間くらいの風味というべきでしょうか。

レビューで詳しく書きましたが、濃すぎず、優しすぎずで、ほどよくバランスがとれた味わいだと思います。

量的にも500gで2500円程度と、非常にコスパに優れていますので、しばらくはこちらの商品で続けるつもりです。

 

大正製薬の「アンセリン粉末緑茶」

juntarouletter.hateblo.jp

痛風の原因となる「尿酸値」を下げる効果のあるアンセリンを配合された粉末緑茶です。

粉末緑茶としては番外編的な扱いになりますが、成人病の代表的な病気の一つである痛風に効果が期待できるとあれば、これは見逃せません。

アンセリンというのは、動物や魚の筋肉に含まれているアミノ酸の結合体で、旨味成分のほか、マグロやカツオなど長距離を泳ぐ魚類由来のアンセリンには、疲労回復、血圧降下、活性酸素消去、尿酸値降下作用が期待されるといわれ、痛風患者の方の補助的健康食品として注目されている成分でもあります。

そんな効果のあるアンセリンと、緑茶カテキンの殺菌作用、抗酸化作用が合わされば天下無敵!とばかりに、発見次第、即効でネットで購入させてもらいました(笑)

味わいは、最初は少々「海の味」というか、「魚の風味」が合わさったような不思議な味がしますが(個人的にです)、すぐにあっさりとした「さっぱり系」の口当たりに変わり、薄めのすっきりしたお茶の味わいを楽しむことができます。

amazonで購入の場合「一箱・14袋入り(4g)・1522円」で、粉末緑茶としては少々高めの設定になっていますが、別途アンセリンを配合しているので、そこは納得の価格ですね。

お酒が好きだったり、濃い味の食事が好みの人は、一日一杯のアンセリン緑茶で体の中のバランスを整えられては?

 

最後に

粉末緑茶の比較レビューをまとめてみましたが、如何でしたでしょうか?

3つのメーカーさんはどれもそれぞれに良さがあって、どれを飲んでも満足のいく実感がありました。

あとは容量や料金、味わいの個人差によって、どれを摂るのかは分かれてくるのではないかと思いますね。

個人的には、

 

・質で飲むなら「屋久島@深山園」

・量で飲むなら「美笠園」

・バランスをとるなら「いいお茶ドットコム」

・尿酸値が気になるなら「アンセリン粉末緑茶」

 

という感じでしょうか。

今は屋久島といいお茶ドットコムのものを併用していますが、味に変化が欲しくなれば、再び美笠園さんに戻すか、ほかのメーカーのものを試そうかと思っています。

粉末緑茶でカテキン摂取を摂られる方にとって、今回の記事が参考になれば幸いです。

 

おすすめ記事

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp