体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


【NHKガッテン】パカパカ体操で股関節腰痛を改善しよう!

スポンサーリンク


今日のガッテンは腰痛SPです。

www9.nhk.or.jp

ガッテンではこれまで「腰痛」SPを結構な数で取り上げてきましたが、今回はなんと9回目ということで、さすがに志の輔師匠もそのあたりのことを突っ込んでいました(笑)

とはいえ、どの放送回も異なったアプローチで腰痛を取り上げているので、これまでに8つの方法があった、ということになりますね。

そんな今回9度目の腰痛のポイントは「股関節」。

腰の痛みと股関節には大いに関係があったということを、番組の流れに沿って説明していくことにしましょう。

 

なぜ股関節が腰痛に?

 

股関節は、骨盤と大腿骨をつなげるジョイントの役目を果たす関節です。

 

from: 3DPrint.com

 

階段を上ったり、しゃがんだりするなど、日常の動きに大きな働きがあり、体重を支えるために、負担がかかる場所でもあります。

この部分が上手く機能しないようになると、股関節にかかっている負荷を補うために腰に負担がかかり、腰痛に至ってしまいます。

これが股関節からくる腰痛の原因となります。

股関節の腰痛の主な特徴としては、

 

・あぐらをかけない

・足が上がらず、立ったままで靴下を履けない

・階段がつらい

・立ち上がりにくい

 

の4つがあり、それぞれが股関節が滑らかに動かないために起こり得る症状だといえます。

 

股関節腰痛の見分け方

 

ここで京都大学の理学療法士の先生が登場です。

被験者の方に集まってもらい、四つん這いになって、お尻を下げたり戻したりする動きで股関節の動きを確かめる実験が進められました。

それぞれの方に動きを行ってもらい、動いたときの背中を見て「猫背」になっている方は股関節の動きに問題がある、まっすぐ伸びている方はOK!という感じで、被験者の股関節周りのチェックを行っていきます。

この動きの意味は、股関節が滑らかに動かないと骨盤が起きてしまい、動きを補うために腰や背中が丸まってしまうということ。

猫背の人は正常な人に比べて二倍もの負担が腰にかかっているため、今回のような股関節腰痛のリスクが非常に高くなる、ということになるのですね。

*四つん這いチェック法の詳細は番組HPで確認できます。

 

股関節の動きを滑らかにする3つの体操

 

ではその股関節をどうやって滑らかに動くようにするのか?

それは非常に簡単な体操で可能になります。

以下にその方法をまとめてみました。

 

「パカパカ体操」

1、いすに腰かける

2、肩幅くらいに足を開き、つま先を正面に向ける

3、ひざをゆっくり開いたり閉じたりを繰り返す

 

どの動きも力を抜いてリラックスして行うことが大切です。

自分のペース、スピードでパカパカ開いたり、閉じたりしてください。

 

「おしりフリフリ体操」

1、立って足を肩幅より少し広めに開く

2、つま先は正面から少し外側に向ける

3、骨盤を左右に揺らすようにゆっくり動かす

 

顔の位置はそのままに、体をねじったりしないことがポイントです。

 

「四股スクワット」

1、肩幅より少し広めに足を開く

2、つま先は斜め前を向くようにする

3、背筋を伸ばしながら体を軽く前傾し、お尻を突き出す感じで、腰をゆっくり落としていく

 

ゆっくりと自分のペースで行うようにしましょう。

どれも一日10回×2セットが目安ですが、もちろん各自の体力、状態に合った回数ペースで大丈夫だそうです。

*写真は番組HPから引用させてもらいました。

 

まとめ

 

名前と見た目どおりに、軽い気持ちと動きでできる「パカパカ体操」。

しかしその威力はすごく、番組の冒頭で紹介されていた一般の方が、これらの体操を2週間続けたところ、どの方の症状も見事に改善されていました。

 

腰痛が改善!

あぐらも大丈夫!

立ったままで靴下をはけるようになった!

 

皆さん、素晴らしい笑顔で体操の効果にご満悦の様子でしたね。

股関節は23もの筋肉で覆われており、パカパカ体操は股関節周りの筋肉を刺激する働きがあるのがポイントです。

特に股関節に直接つながる深層筋は、近くにある大きな筋肉の動きで助けられるために、普段からその動きをサボりがちですが、パカパカ体操はそんな深層筋に刺激を与える効果があるということだそう。

また女性に多いといわれる変形性股関節症も、パカパカ体操で緩和することが可能だとか。(パカパカとうるさくてすいません^^:)

知人女性で変形性股関節症が悪化してしまい、最終的に人工股関節の手術を受けた方がおられますが、もう少しこの体操の存在を早く知っていて伝えられていたら、ひょっとしたら症状の緩和に役立てられたかもしれません。(病院で長らく治療されていたので、すでにこういう体操は知っていたかもしれませんが・・・)

そうしたことを考えると、普段からこまめに体操を行うこと、これは全ての症状、予防法に共通することだと思いますね。

ということで!

今日から自分も暇を見つけてはパカパカと開いたり閉じたりすることにしますよ^^

 

おすすめ記事

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp