体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク


【尿酸値対策シリーズ】コーヒーは尿酸値を下げる効果がある?(実飲あり)

スポンサーリンク


久しぶりの痛風対策記事です。

前回は恵葉プレミアムのレビューと、それを試した友人の尿酸値が下がったということを書きました。

それからも良い状態をキープできているようで何よりです。

私自身もアンセリン野菜ジュースサプリを定期的に飲んで、上がり気味だった尿酸値を下げることができて一息ついているところ。

ただ自分もそうですが、中年以降になると、いつ何時、体のバランスが崩れて数値や状態が悪化するとも限りませんから、やはり注意は必要です。

そういうときは、できるだけ普段使いのもので体の状態をキープしたいもの。

それも日常的によく使うアイテムで・・・

ということで、今回はそんな「尿酸値の状態を良くする」あるもの”の紹介をしていきたいと思います。

 

コーヒーが尿酸値を下げる理由

 

もうお分かりと思いますが、そのあるものとは「コーヒー」のことです。

コーヒーといえば嗜好品の代表格で、多くの愛好家がいるくらい「こだわり」の強いジャンルの一つ。

私も毎日浴びるように飲んでいる愛好家の一人ですが、そんなコーヒーに「尿酸値を下げる効果がある」というのです。

その理由の一つが、コーヒーの利尿作用(尿を排泄する作用)が高いということ。

尿の排泄が進むと、それに含まれる尿酸の排泄も促されて尿酸値が下がるという流れです。

お茶にも同様の効果があると思いますが、とりわけコーヒーを飲むことで出る尿の回数は自分的にも結構高い割合になっていますので、これは確かにあると思いますね。

もう一つが、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分による働きによるもの。

クロロゲン酸というのは、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用や脂肪の蓄積を防ぐといわれています。

この成分が尿酸値を下げる効果があるというのです。

ここは専門医学的なデータを見つけることができなかったので、詳しい有志の方々の情報を根拠にさせてもらいましたが、コーヒーにはそういった作用があるのだなと漠然と感じてもらえれば良いかと思います。

ほかにもコーヒーを飲むと痛風にどういう影響をもたらすのか?という実験がカナダの大学で行われ、約4万5千人を対象に12年間実施されています。

www.ncbi.nlm.nih.gov

上記の実験結果の結論によると、

これらの有望なデータは、長期間のコーヒー消費は、痛風のリスクが低くなることを示唆している。

 となっていました。

ということは、やはりコーヒーには尿酸値を下げる何らかの効果があるのではないでしょうか。

最初に触れた「コーヒーの利尿作用」と「クロロゲン酸による尿酸排泄作用」も大きな役目を果たしているのかもしれませんね。

 

ということで、こんなコーヒーを飲んでみました

 

それじゃあ、ということで、アマゾンで買ったばかりのこのコーヒーで尿酸排泄タイムです。

 

 

高地有機栽培の天然アラビカ豆100%のブレンドコーヒー「マウントハーゲン」。

夜によくコーヒーを飲むので、カフェインレスのタイプを探していたのですが、以前から気になってたので、これを機に購入してみました。

 

 

ドイツ製のオーガニックコーヒーということで、安心のブランドですね。

 

 

コク深めで香ばしい匂いがします。

味も同様に香ばしくて美味い。

 

 

 

しかし後味がさっぱりしているので、これがカフェインレスの威力なのかなと。

他のインスタントコーヒーにあるような苦みが少ないですね。

飲みやすいのでグビグビ飲んでいると、きました。いつもの放尿タイムが。

ググググッとですな!

といっても本当にそこらに放尿するのではないのでご安心を(笑)

ちゃんとトイレにいってジョバジョバ出してきましたよ。

これぞまさにコーヒーの威力。

飲んでしばらくすると、すぐに出したくなるパワーは、そうそう他のお茶系にはありません。

利尿作用ばっちりです。

クロロゲン酸の威力も働いてくれているのでしょうか?

 

 

 

低脂肪乳を入れてみると・・

 

尿酸値を下げる効果のある低脂肪乳を入れると、さらに効果が倍増か?!ということで、さっそく投入することに。

 

 

 

いい色です。

香りもいい。

そして味のほうですが、これがすこぶるマイルドになって美味しくて、今まで飲んできたコーヒーのどれよりも口にまったりと馴染むのですよ。

もともと酸味の少ないカフェインレスということもありますが、ミルクを入れることで、よりクリーミーさが増したといいますか、コーヒーの香り良さとミルクの豊穣な優しさがぴったりマッチしたという感じで、口の中でふんわり広がる味覚になるのですね。

これは尿酸値うんぬんは別にしても、美味しいマウントハーゲンコーヒーの飲み方として、皆に勧められますね。

実際にAmazonのレビューでも、カフェオレにしたらすごく美味しくなったと書いてありましたから、本当にそのとおりだと思います。

美味しく飲めて尿酸値も下げられる。

アンセリン入り野菜ジュースに匹敵するマイルドさとコクを持つドリンクですね^^

低脂肪乳とマウントハーゲンコーヒー、かなりおススメです^^

 

まとめ

 

尿酸値をキープするために、どうせ飲むならいつも親しんでいる「あれ」を、ということで、体験レビューを含めてコーヒーを改めて紹介させてもらいました。

普段よく飲んでいる飲み物に意外な働きがあったことに嬉しい驚きです。

とくにクロロゲン酸は脂肪の抑制や糖尿病にも良い作用があるというので、これは尿酸値ともども、これからますます盛んに飲まずにはいられませんな。

そしてどうせ飲むなら、体に良いオーガニックものを、さらに刺激の少ないノンカフェインを、ということで、これからしばらくマウントハーゲン日和が続きそうな予感がします。

さらに低脂肪乳を入れて美味しかったことで、飲み方と味わい方に幅ができた楽しみがあります。

コーヒー好きの方にも、健康志向の方にも、どちらにもおススメです。

juntarouletter.hateblo.jp

 

おすすめ記事

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

 

参考サイト:

クロロゲン酸 | 成分情報 | わかさの秘密