体のケアと健康について考えるブログ

健康・身だしなみに関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク

【痛風・尿酸値対策】アンセリン野菜ジュースを再購入!そして・・・

スポンサーリンク


尿酸の排泄に役立つと話題になっていた野菜ジュースを購入して、はや2か月余り。

juntarouletter.hateblo.jp

味的にも美味しさは変わらず、それでいて体も快調ということで、これはなかなか良い買い物をしたと喜んでおりますよ。

ただ今改めて思えば、1セット(200ml× 18本)のタイプを3回購入して6000円(54本)したと考えれば、初めから200ml× 72本入り:6000円少々のタイプを一回で買っておいた方が結果的にお得だったかなと考えないでもないです・・・ 

そして今回,

改めてアンセリン入り野菜ジュースのレビューを書くことになったかといえば、それは新しいタイプのジュースを買ったからです。

農協ブランドということになってますよね?

しかしアマゾンのサイトに飛んで行くと、製造してるのは雪印さんのようなので、中身は同じなんだろうなとは思ってましたが、それでも少し気にはなってました。

この違いを確かめるべく、再び実飲の地に足を踏み入れることにしました! 

  

実飲レビュー開始!

 

 

賞味期限を除けば(前回は6月2日まで、今回は8月17日まで)、トップ部分の見た目は同じです。

 

 

んっ?

 

 

むむっ?

 

 

こっ、これは・・・ 

 

 

前とまったく同じじゃないか!!!

 

 

う~む、これはしてやられました。

デザイン、商品タイトル、手に持った感覚・・・そのすべてにおいて、前回、前々回、前前々回と一寸たがわず、まったく同じものが目の前に屹立しておりました。

「これでは改めて買ってレビューした意味がない!」と一人プンプン怒りながら、取り扱ってる代理店にクレームつけようかと思いましたが、たぶん中身は全く同じジュースだろうから(雪印が作ってるから)、そういうのも意味はないかなと思いましたし、値段的にもこちらのほうが少し安かったから、まあええかなあ~と納得しました。(なんじゃ、そりゃ)

一応、中身を確認してみると、

 

同じ色

 

 

同じ味 

 

相変わらず美味しいです。

いままでと同じで、野菜ジュースにありがちな尖がり感がまったくなくて、まろやかな「旨味」成分がたんまり詰まってて、めちゃ飲みやすいです。(同じ商品なのだから、そりゃそうだ)

 

アンセリンについて改めて解説

さて、かんじんの尿酸値についてですが、会社の健康診断がまだ始まっていないので、実のところまだわかっていません。

夏前くらいに診断があるのかなと思ってるので、結果はそのときになると思います。

まあ、もともとそんなに尿酸値は高いほうではないので、あまりそのへんの効果うんぬんはそんなに変わらないんだとは思いますが。

でも腹回りとか、カロリーとか、食物繊維とか、ビタミンとか、野菜不足とか、中年のおっさんがそろそろ気になる「体のこと」を考えてこのジュースを買ったので、そういう意味ではまずまずかと。

痛風の気がある友達に、この野菜ジュースを勧めてみたんですが、一月経ってから感想を聞いてみたら「いい感じだわ」と好評だったので、自分以外の人間にもそこそこ効果はあるんだなと実感しています。

そんなアンセリン入り野菜ジュース。

もし今日のこの記事でアンセリンとか、アンセリン入り野菜ジュースについて初めて目にしたという人のために、ここで改めて簡単にアンセリンについて説明したいと思います。

 

アンセリン

◎動物の筋肉中に含まれているペプチドです。

◎2種類のアミノ酸(βアラニンとメチルヒスチジン)が結びついた構造をしています。

◎海洋生物ではマグロ、カツオ、サケ、サメ、陸上動物では鳥類の筋肉に多く含まれています。

◎旨味成分に深く関係している物質として注目されており、さらにマグロ、カツオなど、長距離を高速で泳ぐ回遊魚などの筋肉中に多く分布することから、近年、その運動能力の秘密のカギを握る存在としての研究が進められています。

 

主な効果は次のようになります。

 

 ・抗疲労効果

・活性酸素除去作用

・血圧降下作用

・抗炎症作用

・尿酸値降下作用

  

アンセリンには尿酸が作られすぎることを抑え、作られすぎてしまった尿酸の体外への排せつを促進し、尿酸値を下げる働きがあるとされています。

juntarouletter.hateblo.jp

尿酸が排出されずに溜まりすぎると、血液に溶けにくい性質のために、骨にこびりつき、それを免疫細胞が異物とみなして激しい痛みを発症する「痛風」の原因ともなります。

動物の細胞などに多く含まれるプリン体が体内に入ると尿酸に変わるということで、一時期はプリン体カットなどのビールがよく売れていましたが、外から入るものよりも、体内の細胞生成のときに作られる尿酸のほうが量が多いために、それを排出する働きを強化するというのが、最近の痛風・尿酸値対策の流れであるようですね。

juntarouletter.hateblo.jp

とまあ、こんな感じで、今までの「尿酸値・痛風 VS アンセリン」の対立構図を簡単に説明してみました。

 

まとめ

 

そんな感じで、今回購入した「アンセリン入り野菜ジュース」はまったく今までのタイプと何も変わらず!ということで、みなさん、お騒がせしました。

ということで、冒頭にも書いたように、次からはばっちり72本入りを購入します!

購入しました↓↓↓

juntarouletter.hateblo.jp

これで2か月半はもつから安心だ^^

まろやかな野菜ジュースをお好みの方、痛風でお悩みの方は、かなりおススメです!

 

追記

 

2018年3月26日付で「アンセリン野菜ジュース」の製造が終了しました。

4月に入って野菜ジュースを注文しようとアマゾンをチェックしたところ、同野菜ジュースの種類が減っていたので「もしや・・」と思い、問い合わせてみた結果、製造終了のお知らせを頂いたということです。

そのときのやり取りは、以下の記事に詳しく書いていますので、よければご覧くださいませ。

juntarouletter.hateblo.jp

現在はこの野菜ジュースにアンセリン素材を提供していた水産メーカーの子会社「UMIウェルネス」が扱うサプリを定期的に購入しており(→UMIウェルネスのアンセリン)、以前と変わらずアンセリン成分を補給しております^^

juntarouletter.hateblo.jp

ほかにも体の巡りを良くする栄養成分「サポニン」が配合された田七人参系サプリが、痛風にも良い働きがあるようで、父親が飲んでなかなか良い感触を得たようです(⇒白井田七) 

juntarouletter.hateblo.jp

それ以外のタイプもランキング形式で挙げていますので、良ければご覧くださいね^^

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

 

【参考文献・サイト】

アンセリンとは|新しい機能性素材アンセリン