体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク

【痛風対策ランキング】尿酸値リスクを下げるサプリメント・飲み物・食べ物【随時更新】

スポンサーリンク


尿酸値に良い作用をもたらす「サプリメント・飲みもの・食べ物」の紹介です。

これまで実際に購入して良いなと感じたものや、ネット上で売れ行きが高く人気があるものをランキング形式でまとめてみました。

良ければ参考の一助にして頂ければと思います。

*ランキング内容は修正・加筆を含め、随時更新していきます。

【最終更新日:2018年8月15日】 

 

  

尿酸値リスクを下げる「飲み物・食べ物・サプリメント」ランキング

 

1位:海のチカラ アンセリン(アンセリンEX)

海のチカラ アンセリン

静岡県焼津を本拠に置く水産大手「焼津水産化学工業」の100%子会社「UMIウェルネス」が販売しているサプリメントです。特許抽出技術によるアンセリン品質の高さには信頼がおけます。セールスポイントは「体や筋肉のサポート」ですが、アンセリンの効果としては「尿酸値降下」の作用も認められているので、個人的には尿酸値に悩む人にもお勧めです。送料無料の「お試しモニター」(980円)で安く気軽に中身を試せるのもポイントですね。

*2018年2月20日以降、さらなる栄養成分(キトサン、クエン酸、発酵大麦エキス)を加えた「アンセリンEX」にバージョンアップしています。(以下に購入レビューあり)

>>「海のチカラ アンセリン」の実食レビューをみる

>>「アンセリンEX」の実食レビューをみる

>>「アンセリン・サプリメント」比較レビュー

 

2位:恵葉プレミアム

通常サプリの10倍のアンセリン配合量を誇る(500mg)アンセリンサプリメント界の巨人です。といえば大げさですが(笑)、他のアンセリンサプリに比べると、相当量のアンセリンが含まれているのは確かです(通常配合量:50㎎)他の配合成分は「キャッツクロー」「ヨモギ、海藻」など自然成分が満載で、普段の健康効果にも期待がもてそうです。味わいもヨモギの風味が勝った素朴な風味で、食べやすいと思います。魚由来のアンセリン風味が苦手な方には、口直しにお勧めでしょう。

>>「恵葉プレミアム」の実食レビューをみる

>>「アンセリン・サプリメント」比較レビュー

 

3位:白井田七

白井田七シリーズのお茶バージョンがきっかけで購入したサプリです。濃厚な土の香りと「根菜の塊」を食べているようなほろ苦さがあります。原材料が「有機田七人参、有機玄米」であること、日本JAS(有機中央会)認証マーク表記も安心材料の一つかと。痛風への働きとしては、田七人参の栄養分「サポニン」による腎臓の保護作用が関係してると考えられます。腎臓の働きは尿酸のコントロールに深く関係しているため、サポニンによる作用は、尿酸値に悩む人にとって大きな恵みになる可能性があります。ほかにも食生活に不安のある人、普段の酒量が多いなと感じる人には、有用な成分を含んだサプリではないでしょうか。

>>「白井田七サプリ」の実食レビューをみる

 

4位:アンセリン 30日分

健康関連サプリメント大手のDHCが手がけるアンセリン・サプリメントです。ハードカプセルタイプで3粒を飲むと、アンセリン成分が60mg摂取できます。有名メーカーならではの安定感が魅力です。

>>DHCのアンセリンをみる

>>DHC アンセリンの実食レビューをみる

 

5位:アンセリン粉末緑茶

アンセリン野菜ジュースを購入した同時期に「アンセリン」つながりで試し飲みしてみた粉末緑茶です。粉末緑茶はこのブログでも人気の健康素材で、殺菌作用や血糖値に働きのあるカテキンにアンセリンを加えたら、中年世代の健康的には最強じゃないか?と考え購入。味わいは魚由来のアンセリン味わいが緑茶に増幅されて、ちょいと生っぽいです。でも後味はすっきりして爽やかな苦みがなかなか美味しい。アンセリンの力で尿酸値を洗い流してくれると信じてランクインしてもらいました。 

>>「アンセリン粉末緑茶」の実飲レビューをみる

 

6位:菊花ポリフェノール

菊の花から抽出される菊花ポリフェノールは、体内で作られる尿酸の量を減らし、体の外に排出される尿酸の量を増やす働きがあるとされています。東京大学と広島大学の共同研究の結果、血中尿酸値に働く菊の花の有効性が発表されており、尿酸値に悩む人にとっても無視できないアイテムの一つとなりそうです。

>>菊花ポリフェノールをみる

 

7位:プロポリス

樹脂の成分とミツバチの分泌液が合わさったものがプロポリスです。巣の隙間を埋める材料としてミツバチが作った素材ですが、フラボノイドが豊富に含まれており、人への健康効果としては、抗菌作用や抗酸化(体の若さを保つ)、抗炎症作用、肝臓保護作用があるといわれています。また尿酸生成に関係する酵素の活性をフラボノイド類が阻害することで、尿酸値の降下を促すともされています(マウス実験による研究成果)。そうしたプロポリスの成分を凝縮したサプリメントは、尿酸値周りだけでなく、生活習慣病全体に良い効果が期待できそうです。

>>「プロポリス」の実食レビューをみる

 

8位:ヒュウガトウキ

江戸時代から旧薩摩地方で民間薬として愛用されてきた「セリ科の薬用植物」です。その効果は幅広く、糖尿病、高血圧、慢性炎症、性機能、アレルギー、ガン、動脈硬化、肝臓障害などに働きがあるとされています。痛風への効果としては、ヒュウガトキの生活習慣病全般に対する働きと、慢性腎炎の抑制機能が期待されると思われます。2002年には厚生労働省から「ヒュウガトキの根」が生薬として認定されたとして(該当リスト)、身体に対する働きには確かなものがあるかと思います。

>>ヒュウガトウキ茶の実飲レビューをみる

 

9位:ルイボスティー

アフリカ原産のお茶です。NHKスペシャルの「ゴースト血管」特集で取り上げらており、血管の健康に役立つそうです。また尿酸の生産量の減少にも作用する働きがあるとされており、お役立ち感が高いお茶といえます。飲み心地はあっさり爽やかで、緑茶やウーロン茶、紅茶にありがちな「苦み」「えぐみ」もなく、さっぱりと美味しく飲むことができます。油ものや甘いものを食べた後にも最適です。

 >>ルイボスティーの実飲レビューをみる

 

10位:コーヒー

尿酸を排泄するといわれている成分「クロロゲン酸」を含んだ飲みものです。さらにコーヒー独特の「排尿感の促進」によって尿酸の排出に良い効果をもたらします。実飲の感想では、土居珈琲はさっぱりしていながらコクがあり、コーヒー素人の私にも美味しく感じました。ダイエットコーヒーは酸味強めでありつつ、あっさり味が特徴的。後者は「カルニチン、コエンザイム」などの成分が配合されており、痛風の原因の一つである「肥満」の改善に役立つと思われます。ただコーヒーにはシュウ酸が含まれているので、尿時結石の人は控えたほうが良いでしょう。

>>土居コーヒーの実飲レビューをみる

>>エクササイズコーヒーの実飲レビューをみる  

 

11位:低脂肪乳

某健康テレビ番組で尿酸値の下げる素材として紹介されて以来、このブログでもトップレベルの人気を誇る「低脂肪牛乳」のです。牛乳に含まれた「カゼイン」という成分が胃腸で分解されると「アラニン」という成分に変わります。このアラニンが腎臓の働きを助けて、尿酸を体の外に押し出す働きをしてくれるという仕組み。手軽に飲めるのもポイントですね。毎日ゴクゴク頂きましょう^^

>>低脂肪乳の実飲レビューをみる

 

12位:プロビオ・ヨーグルトPA-3

「尿酸値さがるで~」と得意先のおっちゃんから勧められて試してみた「対プリン体ヨーグルト」です。今は正常値に戻ったので、実はそこまで必要ないのですが、とりあえずブログのネタにと試してみたところ、結構美味しかったので紹介することにしました。味わいは「濃厚かつさっぱり」していて、正直かなり美味しいです。勧めてくれた人の尿酸値はこれを食べて下がったとのことですが、他の人にどこまで効果があるかはよく分かりません。とりあえず美味しさに根負けしてランキングイン!です。

>>「明治プロビオヨーグルトPA-3」の実食レビューをみる

 

13位:ブラックチェリー

「尿酸値」検索で発見した果実系の痛風対策サプリです。アメリカではブラックチェリーは古くからインディアンの間で「健康に良い果実」として利用されてきた歴史があるそうです。配合主成分はポリフェノール成分アントシアニンで、アメリカ国立衛生研究所で行われた「チェリーの消費と痛風発作」の実験検証では、チェリーを摂取した被験者は、していない被験者と比べると35%も痛風の炎症リスクが低下した結果が出ています。実際に飲んでみましたが、爽やかな果実の甘酸っぱさが美味しかったです。固形タイプではなく、カプセルタイプなので、慣れるまで時間がかかるかもしれません。メーカーはアメリカ国内でかなりメジャーな会社なので信頼できます。

>>ブラックチェリーの実食レビューをみる

 

14位:メリンジョ由来レスベラトロール

インドネシア原産の樹木の実から摂れる成分です。メリンジョの実には炭水化物とたんぱく質が豊富で、特にポリフェノール(レスベラトロール二量体)が多く含まれているといわれています。肥満予防や血管の老化防止、抗酸化、抗炎症などを予防する可能性を持つといわれ、近年の研究で尿酸の排泄に大きく関わっていることが判明しているようです(山田養蜂場)。痛風だけでなく、生活習慣病全体を予防する自然由来の成分として期待がもてそうですね。

>>メリンジョ由来レスベラトロールをみる 

 

15位:DL-アラニン

尿酸の排泄はもちろん、アルコール分解の働きもあるため、酒飲みにはもってこいの食品添加物です。他の食品や飲み物に混ぜることができるので、様々なシチュエーションで摂取することが可能です。

>>DL-アラニンの実飲レビューをみる

 

16位:アップルサイダービネガー

アメリカ人は「痛風」になるのか?という疑問をグーグル検索でかけてみたところ、見事に引っかかってきた素材が「りんご酢」です。アメリカでは「アップルサイダービネガー」として、実際に痛風対策の健康自然素材として人気があるよう。実際に購入して飲んでみましたが、炭酸とはちみつと混ぜると、かなり美味しかったです。ただ原液のままで飲むと確実に行き場のない怒りと絶望に駆られるので、間違っても試さないようにしてください(笑)

>>アップルサイダービネガーの実飲レビューをみる  

 

17位:ザワークラウト

ビールの母国ドイツの伝統的家庭料理の一つ。発酵成分の乳酸菌は尿酸の蓄積を防ぐ働きがあり、なおかつ原材料のキャベツには尿酸を排泄するビタミンCを多く含んでいるので、実はけっこう働き者な食べ物。なによりビールによく合うので、プリン体を多く含んだ飲み物と一緒に食べれば中和されてすべてが丸く収まるような気がします。

>>ザワークラウトの実食レビューをみる 

 

素材別の尿酸値効果

 

以上のランキングで紹介した各成分の「尿酸値効果」を素材別にまとめてみました。

参考までにご覧ください。

 

アンセリン

・動物(鳥類、回遊魚)の筋肉中に含まれているペプチド

・実験の結果、尿酸値の降下が認められている

・尿酸の生産・降下作用のほかに「抗疲労効果」「活性酸素消去能」「血圧降下作用」「抗炎症作用」などの機能も併せ持つ

(参照元:【アンセリンとは?】尿酸値を下げる成分の機能と働きについて 

 

田七人参

・中国伝統医学で珍重されてきたウコギ科の薬用植物

・主成分のサポニンには、鎮痛、解毒のほか、腎臓保護作用が含まれる

・同じくは配合のパナキサトリオールには高い糖代謝機能があり、生活習慣病全般への働きが期待できる

(参照元:LION田七人参研究サプリメント事典

 

プロポリス

・ミツバチがユーカリやポプラなどの樹木から集めた植物成分とハチの分泌物が合さってできた栄養成分

・強い殺菌作用と抗酸化作用をもつ

・東欧やブラジルでは古くから切り傷や感染症に対して用いられてきた

・天然の抗生物質と呼ばれており、抗ガン作用や肝臓保護作用、抗炎症作用が認められている

・プロポリス内のフラボノイド成分の作用により、キサンチンオキシダーゼ活性化を阻害し、血漿尿酸値を低下させる働きがあるとされる

(参照元:サプリメント事典、「プロポリスのキサンチンオキシダーゼ活性阻害作用及び血漿尿酸値低下作用the pharmaceutical society of japan

 

メリンジョの実

・インドネシアを原産とする、イチョウと同様の雌雄異株の裸子植物「メリンジョ」の実

・ポリフェノール(特にレスベラトロール二量体)を多く含んでいる

・研究結果により、尿酸の排泄に関与し、尿酸値が低下したと考えられる

・痛風の発症予防や脂質異常症を予防できる可能性がある

( 参照元:メリンジョとは | 新素材開発 | みつばち健康科学研究所(山田養蜂場)

 

乳成分・乳酸菌

・牛乳成分のカゼインが分解してできるアラニンが腎臓の働きをサポート

・たんぱく質のラクトアルブミンとともに尿酸の排出を促す

・プリン体に働く「ラクトバチルス・ガセリ菌」(乳酸菌)

・痛風と併発しやすい尿時結石を防ぐ働きもあり

(参照元:「尿酸値」を下げる食品の秘密は牛乳にあり!明治プロビオヨーグルトPA-3|株式会社 明治尿酸値が下がる新ワザ52 (健康実用)

  

コーヒー

・クロロゲン酸で尿酸を排出

・海外で行われた実験では、長期間のコーヒーの消費が痛風のリスクを下げることが判明したといわれる

(参照元:Coffee consumption and risk of incident gout in men: a prospective study. - PubMed - NCBI

 

ハーブ・お茶類

・ポリフェノール成分による尿酸値の上昇抑制効果の働き

・利尿作用による尿酸排泄の作用

・ヒュウガトウキ成分による健康効果

 痛風予防に菊花ポリフェノール|カネカ健康カガク・ラボ神の草ヒュウガトウキは苦かった!購入&実飲レビュー!より)

 

アラニン

*イメージ画像です

・牛乳に含まれるカゼインが胃腸で分解されてできる成分

・腎臓の扉を開けて尿酸を排泄

(参照元:NHKガッテン! 健康プレミアム vol.12 [雑誌]より)

  

果実・フルーツ

・ポリフェノール成分による尿酸値降下の働き

・ビタミンCによる同作用の効果

・血液や尿をアルカリ性に変えるので、酸性に傾きやすい痛風罹患者に良い作用

(参照元:Cherry Consumption and the Risk of Recurrent Gout AttacksHow Apple Cider Vinegar Helps To Cure Goutより)

  

まとめ

 

尿酸値リスクを下げる「飲みもの・食べ物・サプリメント」ランキングと、素材別の健康効果を取り上げてみました。

ランキングでは私のアンセリン愛が勝ちすぎているせいか(笑)、アンセリン関連のサプリ・飲料が目立ちますが、もちろんアンセリンは尿酸値だけでなく、「筋肉の維持・疲労回復」にも良い作用をもたらすので、個人的にもおすすめの栄養素です。

他の素材も尿酸値に働くものをチョイスしましたので、良ければぜひ一度お試しくださいませ。

今後も気になる商品あれば、随時アップデートしていきます。

尿酸値が気になる方は、チェックしてみてくださいね。

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

*飲み物・食べ物・サプリメントは健康補助食品です。医薬品のような治療効果はありませんので、栄養補給、健康をサポートする目的での摂取をお勧めします。 

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp