体のケアと健康について考えるブログ

健康・身だしなみに関する情報と体験レビューをお送りします

【NHKガッテン】だるさの原因は貧血!鉄分補給でスタミナ不足や抜け毛・乾燥肌を防ごう!

スポンサーリンク



今週のガッテンは「体調不良の原因SP」です。

www9.nhk.or.jp

体調不良といえば、だるさや眠気が代表的なものとして挙げられます。

それらの原因は「貧血」にあり、ある栄養素の不足によって、それが引き起こされるということが番組では詳しく述べられていました。

では番組の流れに沿ってレビューしていきましょう!

 

貧血は貧鉄?

 

番組の冒頭では、ゲストの3人に計測器で数値を測ってもらっていました。 

それは3人の「だるさ」の度合いを測る機器。

それによって判明したのは、3人ともに貧血気味だったということです。

 

 

貧血は「だるさ」の原因の一つであり、「スタミナ不足」「乾燥肌」「口内炎」「抜け毛」の要因にもなるということ。

街の人々に貧血の調査をしたところ、100人中24人が貧血だったという結果がでたくらい、実は自覚症状のない貧血持ちの方は多いようなのです。

同じことが、体力の申し子のようなラグビー部員にもかつて起こっていました。 

15年前、大会序盤で負けが続くほどチーム力が弱体化していた帝京大学ラグビー部。

監督がその原因を知るために、部員を血液検査にかけたところ「貧血」だったということが分かったのです。 

その症状は主に、

 

・不眠

・口内炎

・乾燥肌

・氷食症

・爪の変形

・抜け毛

・息切れ

・嚥下障害

 

を引き起こすといいます。

ラグビー部員の不調の原因はまさにここにありました。

貧血がなぜここまで多くの体調不良を引き起こすのか?

その要因は実は体内のある物質にあったのです。

それはミトコンドリア。

 

from: Reference.com

 

ミトコンドリアは全身の細胞にある物質で、その働きは「体を動かすエンジン」といえるものです。

ミトコンドリアは赤血球から酸素を受けて、活動エネルギーを作ります。

赤血球は酸素を運ぶために体に鉄をつけていますが、何らかのことが原因で赤血球の鉄分が少なくなると、酸素も減少し、それを受け取るはずのミトコンドリアも酸素不足に陥り、エネルギーを作り出せなくなるのです。 

そうしたことが原因となり、さきほどの体調不良を生み出してしまうのですね。

 

赤血球が減少する原因とは

 

そのメカニズムをより具体的に知るために、番組ではある実験を行いました。

ウルトラマラソンの選手と、コンゴ出身の打楽器の達人が一時間に渡り、それぞれのパフォーマンスを行うというものです。

二人には実験前に採血してもらい、一時間のパフォーマンスをした後、再び採血することになりました。

そこで分かったのが、実験前より血中の鉄分がかなり減ったということです。

ランナーは足を使います。

打楽器奏者は手を使います。

そして、ラグビー選手はタックルをする。

これらの動きに共通しているのは「衝撃」です。

 

 

 

血管の赤血球は、衝撃を受けると壊れてしまいます。

実験の二人とラグビー選手は、それぞれの動きやパフォーマンスそのものに「衝撃」が含まれるために、血管中の赤血球が「衝撃」で壊れ、それが貧血を招いていたということになります。

ミトコンドリアに酸素を渡す赤血球が壊れてしまうと、エネルギーを生み出すミトコンドリアが酸素不足になってしまい、「貧血すなわち貧鉄=だるさ、スタミナ不足、その他もろもろの症状」の原因になってしまうのです。

*内臓の疾患による内出血も、貧血の原因になります。

 

貧血の対策法

 

ずばり「鉄分」の補給です。

 

 

簡単なようですが、足りない栄養素を補うのは健康になるための基本中の基本です。

先ほどの体を激しく使うことによる衝撃も、運動そのものは体に良いので、後でしっかりと鉄分を補給することが大切のようです。

とはいえ、日本人の鉄分摂取量は近年は減ってきており、それが昔に比べると貧血状態の人が増えてきた原因の一つだと考えられています。

医師によれば、食材の変化、調理器具の変化も大きい(鉄鍋など)ということ。

まずは食品でしっかり「鉄分」を補って、さらにビタミンCを補給することで吸収率を高めると良いようですね。

鉄分の多い食材としては、

 

赤身肉

アサイー

きなこ

青菜

大豆製品

ひじき

貝類あさり

 

が挙げられます。

焼き鳥はレバー一本を食べれば一日の鉄分量としては十分で、納豆も1パックで大丈夫だとか。

サプリメントの場合は、容量や用法をきちんと守ることが大切だといいます。

ほかにも「調理具・器具」を鉄のものにすることで、鉄分を自然と補える利点があります。

昔と比べて鉄分の摂取量が減ったのは、食器や調理器具の変化が原因であることも考えられるため、こうした鉄製の器具で、食材以外からの鉄分の経口摂取を心がけるのも、大切な予防法の一つかもしれませんね。

 

まとめ

 

貧血の怖さは、地味にじわりじわりとくるところ。

だるさやスタミナ不足というのは、普通はどうしても寝不足や食生活などが主な原因と考えがちですが、ここに口内炎や嚥下障害、爪の変形、抜け毛など、けっこう重大な病状も合さるので、意外にバカにできないもの。

私の友人にも口内炎がよくできるやつがいるのですが、ひょっとしたら、彼も鉄分が不足しているせいかもしれません。

もちろん私も寝不足の気があるので、そのお仲間の可能性あり。

これはもう、鉄製の調理器具・食器や、鉄分を多く含む食材で、バシバシ鉄分を補っていく必要がありますね。

明日からは南部鉄の茶瓶で緑茶を飲むかな?

皆さんも、ともに鉄分をガンガン摂っていきましょう^^

juntarouletter.hateblo.jp