体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク

【ブラックチェリー】尿酸値リスクを下げるか?アメリカ産サプリメント購入レビュー!

スポンサーリンク


以前にチェリーが「痛風の炎症リスクを下げる」というアメリカの実験結果を紹介しました。

juntarouletter.hateblo.jp

上記のレビュー記事で、アメリカ国立衛生研究所の「チェリーの消費と再発性痛風発作のリスク」という文献資料を収録したサイトを翻訳したものをまとめましたが、それによると、

 

・痛風患者を集めて2日間のチェリー摂取の実験を行った

・その結果、摂取していない人に比べて、炎症のリスクが35%下がった

・痛風治療薬を合わせて飲むと、さらに75%のリスク軽減効果がみられた

【ブラックチェリー】チェリーには尿酸値を下げる働きがあった?

 

とのことでした。

サイトによれば、炎症リスクが減少したのは、チェリーに含まれるポリフェノールが要因の一つではないかということです。

アメリカ国内で行われた実験結果なので、日本でも同様の効果が適用されるのかは分かりませんが(両国民の食事の内容や体質にも違いがあるため)、一つの目安としては面白い結果だったと思います。

そこで、実際にアメリカで痛風対策のサプリとして人気がある「ブラックチェリー」を今回アマゾンで購入することにしました。

では早速、その外観&実食レビューをご覧頂こうかと思います。

 

「ブラックチェリー」サプリメント外観レビュー

 

今回購入したのは、アマゾンで痛風や尿酸値のサプリを検索したところ、引っかかってきたNow Foods社のブラックチェリー。

 

 

同社はアメリカでも有名な健康食品メーカーのようで、主に栄養素をメインにしたサプリメントを販売しているようです。(アマゾンでも多数在庫あり)

www.nowfoods.com

今回のブラックチェリーでも、レビュー欄で海外の人が「これは効く!」と太鼓判を押しているので、あちらでは痛風や尿酸値リスクを下げるサプリとして人気が高いようです。

配合成分はブラックチェリー単体ということで、グレープフルーツ色の固形サプリを想像していましたが、実際にはどうなっているのでしょうか?

ではその実態をば。

 

 

米国からの到着です。

5月3日に注文して昨日届いたので、約一週間かかったでしょうか。

海外輸入の期間としては、かなりスムーズなほうだと思います。

ではその中身をどうぞ。

 

 

ブラックチェリーです。

少しアマゾンで表示されていたタイプとは異なりますが、食品の機能表示や製品の品質管理を示す「GMP」のマークはきちんと載っているので(ボトル右下のミニマーク)、まずまず問題なしです。

 

 

ボトルはプラスティック製で、軽快な持ち運びができそうです。

思ったよりも大きめで、相応するサプリの量が期待できますね。

 

 

蓋はキャップ開閉式のようです。

 

 

帽子のつばの部分を上に引っ張れば、蓋は開くのかなと思い、そのようにしますが、も全くもって動きません。

なぜなんだ?と思い、よく見てみると、

 

 

キャップ式の蓋の周りにあるプラの部分に「PULL」の刻印がありました。

どうやら、ここを引っ張れば良いようです。

 

 

ゆっくりと剝がしていくと、こんな感じになりました。

 

 

これでキャップが開くようになりました。

 

 

では次のターンでいよいよ実食のレビューといきましょう!

 

「ブラックチェリー」実食開始!!

 

キャップのアルミ内封を剥がします。

 

 

中身が見えました。

どうやらカプセルタイプのようです。

 

 

透明のカプセルの中に見える薄紫色の粉末がブラックチェリーのエキスなのでしょう。

固形サプリを想像していたので、正直少し驚きました。(サプリといえば固形しか思いつかないので)

 

 

香りはほんのりサワーな匂いがするくらい。

試しに中身を開けてみると・・

 

 

少しばかり粉末が出てきました。

もっとサラサラしてるのかと思いましたが、思ったより固められている様子で、表面の粉末部分以外はいくら押し出そうとしても、カプセル内部にとどまったままです。

飲み方ですが、ボトルの裏側をみると、カプセル2個を一日に1~3回飲んでくださいと表記しています。

 

 

結構しっかりしたカプセルなので、このまま飲んで大丈夫か?と思いましたが、カプセルを飲めと書いてあるので(Take 2 capsules)、たぶん唾液に溶ける食用タイプなのでしょう。

実際に3つほど飲んでみると、最初はしっかりしたカプセルのプラスティックな無機質の食感に「うう・・」となりましたが、口の中でしばらく泳がしていると、徐々に溶けていく感じはありました。

ただカプセル自体が大きいため、完全に溶けるまで舐めていると時間がかかってしまうので、とりあえずすぐに歯で噛んでみます。

簡単に口の中でプチッとカプセルが弾けて、中身のブラックチェリーのエキス粉末が出てきます。

甘酸っぱい果実系の味わいで、なかなかジューシーな風味。

ブラックチェリーを食べたことがないのでよく分からないのですが、ほのかにグレープな味わいは確かにします。

噛むとカプセルの容器は速攻で溶けていくので、こちらの食べ方がおすすめですかね。

食用カプセルだとは思いますが、気持ち悪いと思う方は、口に入れて噛み、中身の粉末だけを飲み込むと、溶けかかったカプセルは吐き出してしまうのもありだと思います。

ただその場合は、多少は粉末と一緒に容器の一部も飲んでしまうのは仕方ないでしょうから、完全に分離して飲むなら、飲み込む前にあらかじめカプセルから粉末だけを取り出して摂取するのがベターだと思います。

 

 

まとめ

 

予想以上に大きめのサイズとカプセル容器に驚きましたが、実際にカプセルを口に入れるとプラ容器の食感に違和感があり、慣れるのに少し時間がかかるかもしれないと思いました。

もしこのサプリを購入するつもりなら、この辺の食感に熟慮したほうがよいかと思いますね。

できればカプセルごと飲み込むのでなく、容器から粉末だけを取り除いて飲むか、歯で噛み砕いた後に、粉末だけを飲み込んで容器をペッペッと吐き出す方向で摂取するのがベストかもしれません。

成分的には問題がないようで、野生ブラックチェリーそのままを粉末にしており、産地はアメリカ東部、カナダ南部、中央アメリカ、メキシコになっているようです。

ブラックチェリーはアメリカではネイティブインディアンが古くから使用してきた歴史があるようで、体への効果は悪くはないのでしょう。

海外のサプリを試してみたいという好奇心旺盛な痛風や尿酸値でお悩みの方は、一度飲んでみるのも悪くはないと思います。

ほかにもブラックチェリーのスムージーもあるようで面白い。

5つの黒い燃焼成分配合!ブラックチェリースムージー。

サプリよりも飲みやすく消化にも良いでしょうから、スムージーにして痛風対策と肥満解消がてらに美味しく飲むという方法も十分にありですね。

ブラックチェリー、侮れないフルーツです。

juntarouletter.hateblo.jp

*サプリメントは、あくまで健康補助食品です。医薬品のような治療効果はありませんので、栄養補給、健康をサポートする目的での摂取をお勧めします。