体のケアと健康について考えるブログ

健康に関する情報と体験レビューをお送りします

スポンサーリンク

【熱中症対策】経口補水液とスポーツドリンクの違いは?【飲み比べあり】

スポンサーリンク


連日、うだるような暑さが続いています。

全国的に30℃を超える場所が半数以上あるとのこと。

日本列島が高気圧に覆われているため、しばらくはこの状態が続くようです。

tenki.jp

こういうときに気を付けなければならないのが、熱中症。

外気温の高い状態で無理に外に出ないように、水分をこまめに摂るようにと、いずれのメディアも注意を喚起していますね。

そんなときにふと疑問に思ったのが、「経口補水液」と「スポーツドリンク」との違い。

特に経口補水液はドラッグストアでよく見かけますが、これって一体どのような働きがあるのでしょうか?

今回はそんな疑問を購入した経口補水液とスポーツドリンクの実飲レビューを織り交ぜながら、専門サイトやネット情報をもとにまとめてみました。

 

脱水状態のときに飲むのが経口補水液?!

 

始まりはこちらのツイートでした。

 

 

タイムライン上にあがっていたツイートですが、薬局の店員さんと思しき方のツイートで「はっ!」と気づかされたのです。

(そうか・・経口補水液は病気のときに飲むものだったのか・・)

そう思いながら、さらに疑問の解決を深めるため、ほかの情報サイトを見てみました。

 

経口補水液は、食塩と糖を合わせて水に溶かしたもので、下痢・嘔吐等の脱水症状の治療に用いられる飲料です。

脱水症状を改善するためには、病院で点滴をすると一番良いのですが、病院に行けない状況・環境の時や病院に行くまでの応急処置として経口補水液は有効であると言えます。

経口補水液は脱水症状を感じてから(執筆者:管理栄養士・体育学修士 河谷彰子氏) – 生活の知恵をもとめて

 

経口補水液(ORS:Oral Rehydration Solution)とは、体から失われた体液(水分、電解質、非電解質)を経口的に補う飲料のことです。

用途として、経口補水液は下痢・おう吐・熱中症による脱水症を改善するために使用する飲料で、塩分や糖分が理想的な比率で配合されていることから「飲む点滴」ともいわれています。

おう吐や下痢・発汗による脱水症のとき、体は水分だけでなく塩分の喪失した状態にあります。

細胞内にまで水分を与えるには、ナトリウムをはじめとしたミネラル(電解質)を同時に摂取する必要があるのです。

【管理栄養士監修】経口補水液とは?ポカリスエットとの違いや飲み方

 

多量の発汗時には、体内から水分とともに電解質も失われてしまいます。

電解質をバランスよく含んだ水を飲むと、水分が体内に保持されます。

経口補水液は、ナトリウムとカリウムを比較的多く含みます。疾患のある方、乳幼児の飲用は医師にご相談ください。

アクエリアス 経口補水液|アクエリアス/AQUARIUS

 

・経口補水液の起源は、コレラなどの感染症に対処するため発展途上国で成功した「経口補水療法」にある

・口から水分や電解質を補給する方法で、点滴と違って器具や技術が不要。1970年代に発展途上国で有効性と安全性が確認され、先進国に「逆輸入」された治療法

・軽度から中等度の脱水状態の方の水や電解質を補給・維持するのに適した経口補水液

・消費者庁による『特別用途食品個別評価型病者用食品』の表示許可を受けている

・感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐(おうと)・発熱を伴う脱水状態、高齢者の食事量不足による脱水状態、過度の発汗による脱水状態などに適している

参照元:経口補水液、ポカリと何が違うの? しょっぱく感じるのには理由が… - withnews(ウィズニュース)

 

ざっとこんな感じで「経口補水液」についての必要な情報を抽出してみました。

2番目の「飲む点滴」というのが、一番ふさわしい表現であるように思いますね。

まさに病気の時に飲む水だ!

では次にスポーツドリンクとの違いについて、同じように必要な情報を抽出させていただきましょう。

 

経口補水液は、一般のスポーツドリンクより、電解質(ナトリウム、カリウム)濃度が高い組成になっています。

日常生活や軽い運動時の水分・電解質補給にはスポーツドリンクでも十分ですが、暑さや運動などで大量に汗をかいた場合には電解質濃度が高く、すばやく補給される経口補水液がおすすめです。

アクエリアス 経口補水液|アクエリアス/AQUARIUS

  

・健常時にはポカリスエット(スポーツドリンク)、脱水状態時や脱水状態が懸念される時にはOS-1(経口補水液の商品ブランドの一つ)が推奨

・熱中症対策の場合、健康な状態で発汗したときにはポカリスエットをご利用し、過度の発汗による脱水状態が懸念されるときにはOS-1(経口補水液)を飲むと良い

・ポカリスエット(スポーツドリンク)は日常の発汗時に速やかに補給でき、かつ、おいしく飲める味となるような分量で糖質を配合している

・OS-1(経口補水液)は、他の飲料よりも電解質濃度が高く、糖質濃度が低く設定されている

参照元:経口補水液、ポカリと何が違うの? しょっぱく感じるのには理由が… - withnews(ウィズニュース)

 

ほぼ上記の2つのサイトの説明で、疑問が解決してしまいました。

電解質の濃度が味や機能の違いに出てきているようですね。

その意味で、健康時の発汗時にはスポーツドリンクを、過度の発汗には経口補水液を、という使い分けになっているということ。

なるほど。

これで謎は解けました。

あとは実際に味の違いを見てみるだけだ!

というわけで、次の章で実際に購入した経口補水液とスポーツドリンクを実際に飲んで、その見た目と味の違いを検証してみましょう!

 

経口補水液とスポーツドリンクを飲み比べてみた!

 

経口補水液

 

今回購入した経口補水液は、アクエリアスの「経口補水液」です。

名前がそのまんまですね(笑)

 

 

公共財団法人「日本学校保健会」の推奨飲料のようです。

 

 

配合成分です。

 

 

糖類、クエン酸、食塩、甘味料が主な成分になっているようですね。

では開封してコップに入れ替えてみましょう。

 

 

う~む、見た目は普通の水っぽいですかね。

匂いはスポーツドリンクっぽい感じがします(スイカのような、あの雰囲気)

飲んでみますと、味わいは、かなり濃いスポーツドリンクになってます。

塩分高めな感じでしょうか?

普通のときに飲むとキツく感じるかもしれません。

ただ発汗が激しいときや、脱水症状を起こしている際には、ちょうど良いのかも。

「これでないと失われた体液は補えないぞ!」的な迫力を感じました。

 

スポーツドリンク(イオンポカリ)

 

次にスポーツドリンクです。

ブランドは大塚製薬のイオンポカリを選んでみました。

 

 

配合成分です。

 

 

ぶどう糖液糖、果汁、砂糖、食塩、ラカンカエキスというのが主成分のようですね。

ではコップに移し替えてみます。

 

 

見た目は、経口補水液と違って、少し白みがかかった色合いをしていますね。

飲んでみると、ごくごくいつもの正常なスポーツドリンクという感じです。(当たり前ですね笑)

普通に喉が乾いたときとか、普通に夏場に動いて汗をかいたときにはベストマッチでしょう。

さっぱりしていて非常に飲みやすいのが特徴です。

おそらく果汁が配合されているのがその理由かと思われます。

塩分控えめで、限りなくジュースに近い健康ドリンクという印象を受けました。

 

 

まとめ

 

経口補水液とは何ぞや?という疑問から、スポーツドリンクとの違い、どういうときに使い分けて飲めばよいのか?ということを、他サイトの情報を交えて述べさせてもらいました。

実際に飲み比べてみて感じたのは、経口補水液はスポーツドリンクに比べて「濃い」ということですかね。

これはもう「飲む点滴」といわれるだけの濃い成分を含んでいるので仕方ありません。

良い悪いではなく、飲む状態を使分けることが大事ですね。

実は今回生まれて初めて経口補水液というのを飲んだのですが、あまりにもスポーツドリンクと味が違うので驚いてしまいました。

前情報がなければ「濃すぎる!不味い!」と切り捨てて、以降二度と飲むことはなかったでしょう。

しかし経口補水液はあくまで病気のときに飲む飲料。

近年の激しい暑さの夏場には欠かせないボディケア飲料の一つとなっています。

高齢者や子供さん、病気の方など、どうしても外に出なければならない用事があるときは、必ずこの経口補水液を携帯して出かけるようにしてくださいね。

www.bousai1000.com

juntarouletter.hateblo.jp