体のケアと健康について考えるブログ

健康・身だしなみに関する情報と体験レビューをお送りします

【ヒュウガトウキ】神の草を購入&実飲レビュー!万病に効く伝統の味わいだった!【高血圧・痛風対策】

スポンサーリンク



高血圧であり、糖尿病でもある友人に「このお茶をレビューしてくれ!」と頼まれたヒュウガトウキのレビューです。

以前にも紹介した友人は、長年の無理と不摂生がたたってか、肥満から糖尿病を併発してしまい、その結果、足の指(一本だけです)と前歯をほとんど失ってしまいました。

juntarouletter.hateblo.jp

仕事のストレスと食生活の乱れが大きな原因でしょうが、両親からの遺伝も大きいようで、それらの全てが組み合わさって「えらいこと」になってしまったという・・

一時は入退院を繰り返す月日が続いたようですが(病状の再発⇒再検査・再手術)、幸い現在は小康状態を取り戻しているようです。

上にある前回レビューでも書きましたが、仕事を変えて食生活を大幅に改善したおかげで、今は体もスリムになって随分健康を取り戻した様子。

とはいえ、糖尿病は相変わらず持っているとのことで、食生活には相当気遣っているようです。

そんな彼が知人から勧められたというお茶が「神の草ヒュウガトウキ」。

あまりお茶には関心がなかった友人ですが、知人の勧めもあって、ネットで色々と調べたところ、高血圧や糖尿病、痛風にも良い効果が期待できるという情報を得て、今回私にリサーチを依頼したというわけです。

もちろんリサーチというのは「実飲レビュー」であり、私が彼の代わりに味わいや実感を試して進ぜるという形になります。

その結果が良いものであれば、彼自身も購入してみようというつもりのようで、まあいわば「モルモット」のようなものですね(笑)(もちろん購入費用は友人持ちです)

ということで! 

ヒュウガトウキの紹介と実飲レビューといきましょう!

  

「ヒュウガトウキ」とは?

 

ネットでググってみても、いまいち信頼のおける情報源が見当たらなかったので、ここは一つ専門書を購入してやれ!ということで、こちらの冊子を取り寄せました。

 

 

本というか、パンフレットのような薄さですが、一応「文庫本」です。

しかし内容は非常に充実していて、ヒュウガトウキの歴史から生態、健康効果などが、素人にもわかりやすく説明されています。

 

 

ではその内容を以下に要点だけまとめさせてもらいましょう。

 

【ヒュウガトウキとは】

・宮崎県と大分県の山岳地帯に自生する「セリ科の薬用植物」

・江戸時代から旧薩摩地方で「神の草」とされ、民間薬として利用されてきた

・1950年代後半に宮崎大学農学部でヒュウガトウキとして検討され始め、2002年には厚生労働省が「ヒュウガトウキの根」を生薬のリストに加えて医薬品認定を行った(PDF文書による該当リスト

 

【ヒュウガトウキの効能】

『糖尿病予防と改善作用』

⇒研究者によって「ヒュウガトウキの成分には、細胞内でのインスリン作用を高める物質がある」と発表された

⇒医学博士によって糖尿病の改善があることが発表された

 

『慢性炎症の抑制作用』

⇒脂肪細胞の肥大、自己免疫疾患などが引き起こす慢性炎症を抑制する効果

⇒ヒュウガトウキには、ロイコトルエンB4やC4の生成を抑制する作用が証明されているため、慢性炎症に対して抑制的に働く

⇒慢性腎炎を抑制する働きもあり

 

『高血圧の抑制作用』

⇒ノルアドレナリン(交感神経末梢の伝達物質)の作用を抑制して血圧を下げ、細動脈の収縮を抑える働きを持つ物質(アンジオテンシン交換酵素阻害物質)が、ヒュウガトウキの成分中にあり

 

『性機能の活発化』

⇒動物実験で、ヒュウガトウキを投与した群の睾丸中の男性ホルモンの量が増加

⇒閉経期の女性が、ヒュウガトウキの飲用で生理が再開したという例もあり

 

『アレルギー障害に有効』

⇒アトピー性皮膚炎や気管支喘息などが起きる原因となるロイコトリエン群の生成を、ヒュウガトウキが抑制する

 

『ガン予防に有効』

⇒ガン細胞から分泌される毒素「トキソホルモンL」の活性を、ヒュウガトウキの水抽出液が阻害する

⇒ヒュウガトウキを投与された実験群では、ガン細胞を消滅させるNK細胞が増加した

 

『動脈硬化の予防作用』

⇒ヒュウガトウキには、ノルアドレナリンの作用を抑制し、アンジオテンシン変換酵素を阻害する薬理作用がある

⇒末梢血管の拡張を可能にし、血液の流れが良くなる

⇒過酸化脂質を減少させ、血小板の凝集抑制作用も認められる

 

『肝臓障害の予防と改善作用』

⇒肝障害のあるマウスにヒュウガトウキを投与した結果、血清GOTの低下傾向、肝臓の過酸化脂質とコレステロールの低下が見られた 

 

以上が冊子に掲載されたヒュウガトウキによる各効能になります。

これだけ見れば、確かに素晴らしい効能がヒュウガトウキにはあるということになりますね。

民間薬として利用されてきた経緯はもちろんのこと、厚生労働省に認可された効能(根の部分ですが)など、生薬として一定のレベルにあるのは確かなのかもしれません。

医薬品としての効能うんぬんは、あくまで素人である私には難しい内容になっていますが、少なくとも体に良い植物であるということだけは、力強く伝わってきました(笑)

ヒュウガトウキ、恐るべしです!

*冊子には、大学名や病院・診療所、医学博士や教授の名前が掲載されていましたが、ここでは省かせてもらいました。 

 

「ヒュウガトウキ」実飲レビュー!

 

では早速、お茶を飲んでいきましょう。

まずはパッケージをば。

 

 

宮崎県高千穂産「日向当帰」となっています。

正式名称は「日本山人参粉末」のようですね。

 

 

賞味期限が2年あるというのは、なかなかの強者ぶりです。

普通はこういったお茶は半年とか一年あたりが限界ですが、さすがは高千穂産、神話の舞台になるだけのことはあります。

 

 

開封すると、発酵したような、少し甘めの匂いが漂います。

しかしそれほど強い匂いということはないですね。

 

 

粉は非常に微粉末。

とても極め細やかでサラサラしてます。

 

 

では早速飲んでみましょう。

 

 

お湯を入れて完成させると、粉状と同様に、それほど癖がない香りです。

どちらかといえば薄いコンソメスープみたいな香りですかね。

そして口をつけて飲んでみるとですな・・・

 

一口目に苦い

二口目も苦い

三口目でだいぶ慣れたかと思って飲んだら、やっぱり苦い

 

いやはや、驚きました。

レビューでも「苦い」ということは書かれてましたが、本当に苦めで驚きました。

とはいえ、嫌味な苦さでは全然なくて、むしろスッキリした苦さという表現のほうが合っているでしょうか。

ただですね、今のはあくまで「上澄み」の部分だけを飲んだ結果なので、これをコップの底に残ってる粉末をかき混ぜて飲んだら、その苦さは人知の想像を絶するのではないか・・・という恐怖にも似た感情が湧いてきまして(どんなんだ!)

 

上澄み

 

それを体感するためにも、いっそのこと高速回転でシェイクしてやれ!と自暴自棄の勢いで、鬼の如くスプーンを回転して差し上げたのであります。

 

 

その結果!

やはり苦いです。

上澄みと変わらない苦さです。

ということは、基本的にどこをどうとっても、苦いというの変わらないということ。

満遍なく、マルチタイプに、広い宇宙を網羅する雰囲気で「苦い」というほろ苦い事実が私の口の中に広がりました。

 

まとめ

 

ヒュウガトウキの実飲&効能レビュー、如何だったでしょうか?

噂通りの苦さでしたが、すっきりした苦みということで、意外に飲みやすく、長く続けられるなという印象を受けましたね。 

 


苦い苦いと連発しましたが、いかにも生薬という感じの苦さで、苦い以外に特に味に癖はなく、苦さが苦手でないなら普通に飲める味わいです。

個人的には子供の頃、小児性喘息だった自分を心配しておばあちゃんが煎じてくれた漢方みたいな味のお茶に似てるでしょうか。

実際にこの後で実家の母親にも飲ませたところ、「センブリと同じ味やね」と感想を言われ(昔から祖母がよく飲んでいた生薬のお茶だそうです)、なるほど、それで懐かしい味わいがしたのかと納得しました。

その意味では、この系統の生薬系のお茶の味には耐性がついてるのかもしれません。

むしろ体にめちゃくちゃ良さげな苦さなので、一口飲む度に「健康」になっていく感覚が嬉しくて、実はこの後、何度も入れて飲んでしまったという^^

難点があるとすれば、底に残る粉がイガイガして(粉っぽいということ)咳き込んでしまうことでしょうか?

なるべく湯を足して飲んだほうがベターでしょう。

本文中にも書いたように、おばあちゃんに煎じてもらった生薬茶の味や、「田七人参」サプリの味わいにそっくりなような気がします。

juntarouletter.hateblo.jp

中年世代の持病である「高血圧」「糖尿病」「痛風」にも良い働きがあるということで(上の効能にはありませんでしたが、痛風は生活習慣病の延長であることと、ヒュウガトウキの慢性炎症・慢性腎炎の抑制に効果があるという記載に関係していると思われます)、これは自分でも飲んでも良いかなと思いますね。

このレビューを依頼してきた友人K君には、納得の内容になったでしょうか?

お茶以外にもサプリもあるようなので、良ければチェックしてみてくださいね。

>>高血圧・糖尿・痛風に【神の草 ヒュウガトウキのめぐみ】

juntarouletter.hateblo.jp

juntarouletter.hateblo.jpblo.jp

juntarouletter.hateblo.jp